シースルーホワイトは妊娠中や出産後でも使って大丈夫?授乳中の肌荒れにも効果的?

女性の人生にとって一大イベントの1つでもある“妊娠・出産”…!

 

新しい命の誕生はとても喜ばしいことですが、妊娠中や産後のお悩みの中でもひと際よく耳にするのが「シミやソバカスが増えた」というものです。

 

女性として生まれたからには妊娠したり出産したからと言って、いつだってキレイでありたいものですよね…!

 

SNSでも話題沸騰している体の内側から美白ケアをするという新アイディア商品『シースルーホワイト』は、妊娠中や出産後でも使って大丈夫なのか気になっている方も多いようです!

 

そこで今回は、シースルーホワイトは妊娠中・出産後や授乳中といったママだけでなく赤ちゃんにとっても大事な時期に使用しても良いサプリメントなのかということについて徹底解説していきたいと思います!

シースルーホワイトは妊娠中や産後・授乳中にも使える?

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的

年齢をかさねるとともに徐々に目立ってくるシミやソバカス。

 

美白成分が入っている化粧品を使ってはいるけれど、変化がない気がするといった声をよく耳にします。

 

美白ケアに頭を抱えている方に今注目されているサプリメントがズバリ『シースルーホワイト』なのです♪

 

サプリメントで効率よく美白効果のあると言われている成分を取り込み、体の内側から透明感のある美肌を目指そうという趣旨で開発されたサプリメント…!

 

雑誌に取り上げられたこともあり、すでに商品名は耳にしたことがあるという方もみえるのではないでしょうか?

 

女性は妊娠や出産をすると、なぜかシミ・ソバカスが濃くなってしまうという報告があります!

 

美白ケアはしたいけれど、妊娠中や産後・授乳中に使うことで赤ちゃんや自分に影響はないのか気になる所ですよね!

 

シースルーホワイトは妊娠中などデリケートな時期でも使えるサプリメントなのか詳しく見ていきましょう!

妊娠でシミ・ソバカスが濃くなる原因は?

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的

そもそもなぜ妊娠や出産でシミやソバカスが濃くなってしまうのかが疑問ですよね♪

 

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)はご存知でしょか?

 

これら2つの女性ホルモンは普段は卵巣から分泌されているのですが、妊娠をすると胎盤でも作られるようになり、出産までひたすら増え続けると言われています。

 

この増え続けるエストロゲンとプロゲステロンは、メラノサイトを活性化し、メラニン色素の生成を促すと考えられています。

 

その結果、シミやソバカスができやすくなったり、 乳首や乳輪・わきの下などが黒ずんだりするという訳ですね♪

 

また、妊娠中のメラノサイトはサイズが大きくなってしまっていますので、ストレスを受けるだけでシミが増えてしまうという研究結果もあるのです!

 

妊娠という大きなイベントをきっかけに、シミやソバカスが増えてしまうというのはなんとも悲しい現実ですね…。

シースルーホワイトの全成分を紹介!

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的

妊娠中や出産後などに使用しても良いサプリメントなのか検証するためには、やっぱりシースルーホワイトの全成分をチェックしておく方が安心ですよね…!

 

原材料・成分を見てみると、『還元麦芽糖水飴(国内製造)、L-シスチン、ビタミンC、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、グアーガム』と表記されていました♪

 

とてもシンプルな原材料ですし、日本国内のGMP認定工場で製造されているというのは安心ですね!

シースルーホワイトは妊娠中や授乳中に服用しても大丈夫?

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的

 

シースルーホワイトの公式サイトを見てみると「妊娠中や授乳中に服用しても大丈夫ですか?」という質問に対し、『医薬品ではなく食品ですので服用して頂いても問題ありませんが、お客様の方でどうしても気になる、という事でしたらかかりつけのお医者様などにご相談いただくことをお勧めしております。』と解答されていました。

 

シースルーホワイトは副作用が生じる危険性もあるクスリとは異なり、健康食品の1種ですので妊娠中や授乳中などでもお使いいただけるサプリメントのようです!

 

ただ、一般的にサプリメントを摂取することで赤ちゃんにどんな影響を及ぼすかという研究結果のデータは充分ではありませんので、よく分かっていないという事もたくさんあります。

 

おおむね問題はないかと思いますが研究データが出ていない以上、自己責任で服用するかどうかを決める必要があります。

 

心配という方は、かかりつけの医師や薬剤師さんに相談してから服用するか、もしくは卒乳して赤ちゃんへの影響がないという時期に入ってからの服用がオススメです♪

シースルーホワイトは出産後に服用しても大丈夫?

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的

出産後、授乳期が終わったという方であれば問題なくシースルーホワイトはお使いいただけるサプリメントです…!

 

むしろ積極的に摂取していただきたいサプリメントかも知れません♪

 

妊娠・出産は嬉しい出来事な半面、新しい命を守っていかなければならないという責任も生じますので、ママはこれまでの生活とは打って変わって自分の時間を確保することすら難しい生活へと一変してしまいます。

 

自分の肌のケアどころか、食事もままならなくなるなんていうのもザラ…!

美白なんて考えている暇もないというケースも珍しくありません。

 

その点、シースルーホワイトは1日1回3粒を継続して摂取するだけで美白ケア完了♪

 

シミやソバカスの発生を抑制してくれるだけでなく、妊娠によって増えてしまったシミなどを薄くしてくれる効果も期待できます!

 

さらに、ターンオーバーも促進してくれますので、赤ちゃんの生活リズムに合わせているうちに自分の生活リズムが崩れ、ボロボロになってしまったという肌をキレイにしてくれることでしょう。

シースルーホワイトを使用する上での注意点!

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的

シースルーホワイトをせっかく購入したのであれば、より効率よく美白成分を体の中に取り込んでおきたいところですよね…!

 

シースルーホワイトを使用する上での注意点として申し上げたいことはズバリ『1日3粒を目安に継続して摂取する』ということです♪

 

サプリをたくさん飲んだからと言って、その量に比例して美白になれるという訳ではありません。

 

ですので、必ず1日3粒という服用方法は守るようにして下さいね!

 

また、シースルーホワイトに配合されている『グアーガム』には整腸作用がある半面、腹痛や下痢が生じてしまったという報告もあります。

 

普段から胃腸が弱めという方は1日1粒からスタートしてみて、ご自身のお腹の調子を確認しながら増減するようにしましょう!

シースルーホワイトは妊娠中や出産後でも使って大丈夫?授乳中の肌荒れにも効果的?のまとめ

シースルーホワイト 妊娠中 出産後 使って 大丈夫 授乳中 肌荒れ 効果的
まとめ!
  • 妊娠は女性ホルモンが胎盤からも分泌されるようになるため、シミなどが出来やすい!
  • メラノサイトのサイズも大きくなるので、ストレスを受けるだけでシミが増える!
  • 公式サイトによると『妊娠中・授乳中の服用は問題ない』とのこと…。
  • サプリによる赤ちゃんへの影響は研究データが不十分なので、分かっていないことも多い!
  • 心配な方はかかりつけ医や薬剤師に相談するか、卒乳してからの服用がオススメ!
  • 授乳期が終わったのであれば、育児や家事で忙しいママにはもってこいのサプリ!
  • グアーガムという成分には整腸作用があるが、下痢になるケースもある。
  • 1日3粒を上限に、毎日継続して摂取する。

シースルーホワイトは医薬品ではなく健康食品扱いとなりますので、副作用が生じる危険性は極めて低いと言われています。

 

ですので、公式サイトによると『妊娠中や授乳中でも問題なくお使いいただける』と解答されています♪

 

ただ、サプリメントや健康食品などを妊婦が摂取したらどのような影響があるかを確かめるためには、実際に妊婦の協力を得て臨床試験を行うことが必要です。

 

しかし倫理的な問題から妊婦を臨床試験の対象にすることはできません。

 

そのため、サプリメントを摂取することで妊婦や赤ちゃんにどのような有効性や安全性が得られるのかという研究データは乏しく、分かっていないことも多いというのが実情です。

 

心配という方は服用する前にかかりつけ医や薬剤師に相談するか、もしくは卒乳して赤ちゃんへの影響がない時期に突入してからの服用がオススメです♪

 

1日3粒継続して摂取するだけで、体の内側から美白ケアができるシースルーホワイトは忙しい毎日を送っているママにはもってこいのサプリメントです!

 

ぜひこれを機に、美白ケアの方法を見直してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です