プエラリアとピルの違いは?生殖に悪影響がある?

せっかく女性として生まれたからには、いつまでも美しくありたいと願うものですよね…。

 

その願いとは裏腹に、年齢とともに崩れゆくボディラインにため息をついているという方も少なくないでしょう。

 

その中でもバストは加齢だけでなく、妊娠や出産といったライフイベントの影響も受けやすいので女性としての魅力が半減していってしまっている気持ちにもなってしまいますよね!

 

そんなバストにお悩みを持つ方に最近注目されているのが、ズバリ『バストサプリ』!

 

数多くのバストサプリが流通しているようですが、多くのものが主成分として“プエラリア”が配合されているそうです。

 

ピルとどう違うのか疑問を抱いている方も多いようなので、今回はプエラリアとピルの違いにスポットを当てて詳しくご紹介していきたいと思います!

 

生殖に悪影響はないのかということについても併せて見ていきましょう。

プエラリアとピルの違いは?なぜ併用禁止されている?

プエラリア ピル 違い 生殖 悪影響 ある

バストアップ効果があると言われていて注目されている成分“プエラリア”!

 

「バストが小さいから大きくしたい」だとか「年齢とともに下がってきたバストにハリを取り戻したい」といった女性の間で流通している数多くのバストサプリに配合されている成分として知られています♪

 

女性は避妊や生理痛緩和・月経周期の調整のためにピルを使っているという方も多いですよね。

しかし、プエラリアを含むバストサプリとピルの併用は禁止されています。

 

なぜ併用してはいけないのか気になる所です…!

 

そこでまずは、プエラリアとピルの違いを理解した上で、併用禁止の理由について詳しく見ていきましょう♪

プエラリアとは?

プエラリア ピル 違い 生殖 悪影響 ある

プエラリアとは正式名称『プエラリア・ミリフィカ』と言います。

タイ北部に自生するマメ科の植物で、根っこの部分が大きな塊状になっているのが特徴です。

 

タイでは白ガウクルアと呼ばれていて、若返りの薬として食用にもされていたそうです♪

 

プエラリアには大豆イソフラボンの1,000~10,000倍もの女性ホルモン作用を持つとも言われていて、サプリで摂取することで女性ホルモン物質の補給や体内の女性ホルモン分泌が調整され、乳腺や脂肪組織の発達が促されてバストアップに繋がると言われていて注目されている成分です!

 

しかし、このような強すぎるエストロゲン活性物質を摂取しすぎると思わぬ健康被害を招いてしまう可能性もある成分としても警鐘されているようなので注意が必要です。

 

実際にこのプエラリア・ミリフィカによる危害情報が、全国の消費生活センターなどに2012年度から2017年4月までの5年間あまりで209件も寄せられているそうです!

 

10代~20代の若い女性を中心に危害が多発しているようで、嘔吐や腹痛・下痢といった消化器障害や発疹、じんましんなどの皮膚障害のほかに、月経不順・不正出血といった危害事例が数多く報告されているのだとか。

 

プエラリアが配合されているバストサプリを摂取するのであれば、用法用量をきちんと守った上で体の調子を確認しながら慎重に使用する方が良さそうですね♪

 

万が一こういった症状が出てしまった場合は使用を中止し、それでも症状が続くようであれば医師の診察を受けることをオススメ致します。

ピルとは?

プエラリア ピル 違い 生殖 悪影響 ある

ピルは世界で1億人の女性が飲んでいる避妊薬として知られている薬です♪

 

避妊の効果があるだけでなく、生理痛をやわらげたり、うまく使うことでニキビの改善や月経周期の調整ができるので大変便利でもあります!

 

ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類の女性ホルモンが含まれていて、飲むと血中のホルモン(特に黄体ホルモン)が増えます。

 

黄体ホルモンが増えるのは通常、排卵後♪

 

そのため、その情報が脳の視床下部に伝わると、“すでに排卵後のホルモン状態にある”と判断されて排卵が起こらないという仕組みになっているのです!

 

“生理を早める”・“生理を遅らせる”・などパターンによって薬の飲み方は異なりますので、必ず病院でしっかりと確認しましょう。

 

プエラリアとピルの違いを簡潔に言うと、『プエラリアは卵胞ホルモン(エストロゲン)を活性化させる成分』で『ピルは排卵後のホルモン状態にする薬』ということになります!

プエラリアとピルが併用禁止の理由!

プエラリア ピル 違い 生殖 悪影響 ある

プエラリアを配合している多くのバストサプリには、必ず“ピルとの併用はオススメしません”だとか“ピルとの併用禁止!”と記載されています。

 

何故併用してはいけないのか気になるところですよね…!

そもそもピルは避妊など様々な目的で使用されます。

 

体内の女性ホルモン量を排卵後の状態にし、生理周期を整えたりすることができる薬です♪

対して、プエラリアはエストロゲンを活性化させる成分です。

 

どちらも女性ホルモン量に関与するものですので、併用するとホルモンバランスが崩れる危険性があるのです!

 

せっかく生理周期を調整したりするためにピルを飲んでいても、ホルモンバランスが崩れてしまうと月経不順や不正出血といった危害が生じてしまう可能性もありますので注意が必要と言われているという訳ですね。

 

必ずプエラリアを含むサプリメントとピルの併用は避けるようにしましょう!

プエラリアは生殖に悪影響がある?

プエラリア ピル 違い 生殖 悪影響 ある

これだけ女性ホルモンに関与する成分ですから、プエラリアは生殖に悪影響はないのかも気になるポイントですよね。

 

国立研究開発法人「医薬基盤・健康・栄養研究所」によりますと、プエラリア・ミリフィカに含まれる成分量は、産地や収穫時期、植物の年齢によってかなりバラつきがあるのだとか…!

 

ですので、サプリに含まれる成分量にも幅がありますので、女性ホルモンと同じ作用が認められない商品もあれば、強く働く商品もあるということになります。

 

サプリを摂取することで月経不順や不正出血といった症状が出るようであれば、強い女性ホルモン作用が出ていて危害が出ているということになりますので、もちろんそういった症状が出ているにも関わらずサプリを摂取し続ければ生殖に悪影響は出てきます!

 

プエラリアが配合されているサプリを使用し、体に何か異常が出るようであれば必ず使用中止するようにしましょう。

 

報告されている“生理が止まる”という健康被害は、本来は剥離するはずの子宮内膜が増殖をし続けていることを意味します!

 

この状態が続くと、子宮内膜増殖症や閉経後の子宮内膜がんになるリスクも高くなるとされていますので注意しましょう。

プエラリアとピルの違いは?生殖に悪影響がある?のまとめ

プエラリア ピル 違い 生殖 悪影響 ある
まとめ!
  • プエラリアには大豆イソフラボンの1,000~10,000倍もの女性ホルモン作用がある
  • 10代~20代の若い女性を中心に危害が多発している成分でもある
  • プエラリアが配合されているサプリを使用する際は用法用量を守って慎重に!
  • ピルは排卵後のホルモン状態にする薬!
  • ピルの飲み方は“生理を早めたい”・“生理を遅らせたい”などパターンによって異なる
  • プエラリアとピルを併用するとホルモンバランスが崩れる可能性がある!
  • ホルモンバランスが崩れると月経不順・不正出血などが生じる危険性もある!
  • 月経不順・不正出血などが生じているのにサプリを摂取し続ければ生殖にも悪影響あり!

プエラリアは数多くのバストサプリに使用されている成分ですが、健康被害も出ているので摂取する際には注意も必要です。

 

ピルとの併用はもちろん禁止ですが、サプリの用法用量を守っていても何かしら体に異常が出るようであれば使用は控えておくことをオススメ致します♪

 

使用を中止しても症状が続くようであれば、摂取していたサプリを持参の上、医療機関を1度受診するようにして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です