デブ味覚とはどんな物を食べること?痩せ味覚になるにはどうしたら良いのか解説!

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

太っている人は痩せている人を見て、「いいな~」、「羨ましい」と思うことがあると思います。

太っている人と痩せている人…実は決定的な違いがあることを知っていましたか?

 

それは味覚なんです!

太っている人は「デブ味覚」になってしまっているのです。

 

そこで今回は、デブ味覚とはどんな食べ物を食べることなのか、また痩せ味覚になるにはどうしたはいいのか…ということについて紹介したいと思います!

この記事を参考に痩せ味覚になりましょう♪

デブ味覚とは?

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

ダイエットしたい、今食べたら太る…ということが分かっていてもこってり脂っこいものや甘いデザート、糖分たっぷりのジュースなど止められない、ついつい飲み食いしてしまう…という人もいると思います。

このように味が濃いものを普段から好んでいる人は次第に舌が麻痺してしまい正常な味覚を失ってしまうのです。

 

より濃い味を求めるようになり薄い味では物足らなくなり結果的にデブ味覚になってしまいます。

こういった味の濃いものはカロリーが高いのでデブ味覚の人は普段からの食生活に太る原因があるということになります。

デブ味覚をチェックしよう!

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

上記で紹介したように濃い味の物が好きだという人は「デブ味覚」になってしまっている可能性があります。

もしかして私もデブ味覚かも…と思い当たる人もいるかもしれませんね。

 

まずは、デブ味覚になってしまっているかチェックしてみましょう。

ここがポイント!

コンビニのお弁当やスーパーの惣菜が好き

お腹が空いていなくても食べる

肉はヒレよりロースが好き

濃い味、こってりした物、ジュースが好き

スイーツが好き

ソースやケチャップは必ずつける

外食が多い

あなたはいくつ当てはまりましたか?

1つでも当てはまるという人はデブ味覚になってしまっている可能性があります。

味覚で感じ取れるもの

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

そもそも味覚は本来、「苦味」・「甘み」・「塩味」・「酸味」・「旨味」の5つを感じ取ることができます。

この5種類を感じ取るのは私たちの舌にある味蕾という部分です。

 

旨味といえばみなさんは何を思いつきますか?

代表的な旨味として、昆布や野菜などに含まれる植物性のグルタミン酸やかつおや肉に含まれる動物性のイノシン酸があります。

 

デブ味覚の人はこれらの味を感じ取れなくなってしまっているのです。

旨味を感じなくなると塩味や甘味といった濃い味付けでないと脳が満足してくれなくなるというわけです。

 

また塩味は、食欲を増進させたり味覚を鈍らせてしまいます。

そのため、食べ物の味が脳まで届きにくくなり、少量では満足できず食べすぎてしまい結果的に太ってしまうのです。

 

そして、それ以外にも第6の味覚である「脂肪味」というものがあることが新たに発見されたそうです。

このように、太りやすい人は味覚が関係しているのです!

デブ味覚を改善するには?

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

太っていることが悩み…という人はまずはデブ味覚を改善することがダイエットへの近道となります。

でもデブ味覚を改善するにはどうしたらいいの?と思う人もいるでしょう。

 

今まで濃い味を好んでいたのに急に薄味にするのは続かなそうですよね。

そんなデブ味覚を改善する方法が2019年10月27日のTBS系列で放送された『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介されました。

 

この番組で紹介されたデブ味覚を改善する方法を見てみましょう!

デブ味覚改善出汁

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

デブ味覚を改善する方法として紹介されたのは「デブ味覚改善出汁」です!

毎朝この出汁を飲むだけで正常な味覚に戻すことができるのだそうです。

 

また、中性脂肪にも効果があるようなので「中性脂肪」、「デブ味覚」で悩んでいる人はぜひ飲むことをおすすめします!

とは言っても出汁にも種類があるのでどんな出汁を飲めばいいのかわかりませんよね。

 

ではデブ味覚を改善する出汁の作り方を紹介しますね!

ここがポイント!

材料

  • かつおぶし(30g)
  • 煮干(10g)
  • 刻み昆布(10g)
  • 緑茶(5g)
  • ※刻み昆布は塩分を含まないものを用意しましょう。

出汁の作り方

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

まずは、フライパンを中火で熱しかつおぶしと煮干しを入れます。

3~5分ほど乾煎りしましょう。

 

このときのポイントとしては、かつおぶしがパリパリになり煮干しがサクッとすることです★

上記で乾煎りしたかつおぶしと煮干しをミキサーに入れ、さらに昆布と緑茶を加え粉末状にします。

 

これは、ジップロックなどの密封容器に入れておけば冷蔵庫で2週間ほど保存することができますよ★

デブ味覚改善出汁のおすすめ摂取方法

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい

デブ味覚を改善するには一日にコップ1杯の出汁を飲むといいということがわかりましたね!

上記で作った出汁大さじ1杯を150cc~200ccのお湯で溶かすだけでOKなのでだれでも簡単に作って飲むことができます♪

 

この出汁には、濃い味覚しか受け付けないというデブ味覚を改善する以外にもコレステロール値を下げるなどの効果が期待できるのです。

また、普段から調味料の代わりとしてや、料理の味付けなどに使うこともおすすめです★

 

そうすることでカロリーをおさえたヘルシーな食事にすることができるのでダイエットにも繋がるのです。

例えば、お肉や魚の味付け、サラダのドレッシング代わりにしても美味しいですよ♪

 

ちなみに、この出汁を飲み続けてだいたい2週間ほどで効果を実感できるのだそうです。

なぜ2週間なのか…気になるところですが2週間というのは舌にある味蕾という細胞が生まれ変わりデブ味覚をリセットするのに必要な時間なのです。

 

早い人では味覚の変化は3日もすれば分かってくるそうですよ!

このように今までダイエットに成功しなかった…という人はまずは、デブ味覚を改善する必要があります。

 

味覚を変えるだけでダイエットへの近道となりますよ!

デブ味覚とはどんな物を食べること?痩せ味覚になるにはどうしたら良いのか解説!まとめ

デブ味覚 どんな食べ物 食べる 痩せ味覚 どうしたらいい
まとめ!
  • 太っている人はデブ味覚になっている可能性がある
  • 濃いものを普段から好んでいる人は次第に舌が麻痺してしまい正常な味覚を失ってしまう
  • 味覚は本来、「苦味」・「甘み」・「塩味」・「酸味」・「旨味」の5つを感じ取る
  • 第6の味覚である「脂肪味」というものがあることが新たに発見された
  • 塩味は、食欲を増進させたり味覚を鈍らせてしまう⇒肥満の原因になる
  • ダイエットへの近道はデブ味覚を改善すること
  • デブ味覚改善方法が2019年10月27日のTBS系列で放送された『健康カプセル!ゲンキの時間』で紹介された
  • デブ味覚改善出汁が効果あり
  • 2週間で効果を実感できる

ダイエットしてもなかなか痩せない…と悩んでいる人もいると思います。

ダイエットしたい、今食べたら太る…ということが分かっていてもこってり脂っこいものや甘いデザート、糖分たっぷりのジュースなど止められない、ついつい飲み食いしてしまう…という人もいますよね。

 

太っている人と痩せている人の違い、、それは味覚も関係していると言われています。

太っている人はデブ味覚といって濃い味付けのものばかりを好む傾向にあるようです。

 

このデブ味覚を改善して細い体型を目指すには毎朝出汁を飲むといいそうですよ!

この出汁は自宅で簡単に作れますし、調味料としてやサラダのドレッシング代わりとして使うこともおすすめです。

 

そうすることでカロリーをおさえたヘルシーな料理になりますし、デブ味覚を改善するだけではなくコレステロール値を下げることもできるので健康にいい出汁なんです♪

もし、自分はデブ味覚かも…と思い当たる人はぜひデブ味覚改善出汁を毎日飲むようにしましょう!

 

早い人では3日ほどでその効果を実感できるようですよ。

出汁を飲むことで食事も改善出来ますし健康的ですね★

↓今なら通常8,140円が実質無料!!(送料のみ!!)↓

▼売れすぎにつき初回100%OFFの販売終了間近!お急ぎを!▼

>> 今だけ20日間の全額返金保証付きでリスクなし! <<

>>ビークレンズの公式サイトで詳しい効果や口コミを確認する!<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です