気功治療のやり方を紹介!自宅で個人でもできる方法!

「気功」とは、自分自身の健康回復のため、そして健康増進、また健康管理能力の獲得のため功法に取り組みます。

 

また、練功することで気機が改善され功力が向上し、発功による効果が高まるということです。

意識をすれば誰でも”気”を発放することができますが、その気の功力は様々です。

 

ここでは、気功をすることで体の状態がどのように回復していくかを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

気功に取り組むことで効果が期待できる人

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

気功に取り組むことで効果が期待できる人としては、

気功に取り組むことで効果が期待できる人のポイント!
  • ストレスや緊張が取れない、いつも不安を抱えている。過去のことをいつまでも引きずってしまう。
  • すぐ風邪をひいたり、体調を壊しやすい人、。内臓が弱く、胃もたれや便秘を起こしやすい人。
  • 気力ややる気がなかなか湧いてこない人。気分に波がある人。落ち込みやすい人。
  • 体がいつもどこかに痛みを抱えている人、体が硬く、肩などが凝りやすい人。
  • 夜に眠れない傾向がある人。翌朝もなかなか疲れが取れない人。
  • パソコンやスマホを見る時間が多すぎて、現実的な感覚を失っている人。

現代人は気功が必要

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

現代人は気功が必要と考えられる人が多くいます。

 

気功は普段パソコンの作業が多かったり、体を使わなくなっている人の体や頭の機能を改善するために、とても役に立つ技術と考えられます。

 

日本社会では、西洋文化や、西洋医療の普及が進み、デジタルなものに触れる機会が多くなり、その一方で、人間や自然になじむ機会が減ってきています。

 

今の生活習慣をバランスのとれた物にするために、気功が一役買ってくれると思われます。

 

気功治療は、何も資格もいらず、免許も必要なく、個人で身に付けて、好きな時間に自由に行うことができます。

 

業界として認定制度があるわけでもありません。

気そのものが、目に見えないもので、自分で経験を積むことで、存在を確かめるしかありません。

内気功とは?

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

自分で行う気功を「内気功」と呼びます。

 

内気功の修行で培われた「気」を使って外部に働きかけることを目的とした気功を「外気功」と呼びます。

 

外気功を治療に用いれば、それは気功治療と呼ばれるものになりますが、それをすること自体に、組織などの許可が必要とされているわけではありません。

 

日本での気の普及はあまりされている印象は在りません。

 

身に付ければ、生涯役に立ち、お金のかからない技術なのですが、一般の人にいかに普及させるかはこれからの課題と考えられます。

バリエーションに富んでいる気功

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

気功はバリエーションに富んでいて、動作を中心とするものや、立禅など、動きをそのまま止めた状態で、時間をかける訓練など様々あります。

 

ひとつひとつの動作には意味が有り、どこがどう鍛えられるのかも、およそは決まっています。

気功は家の中でするよりも、外で行う方が、効果がでやすいと考えられます。

 

できれば自然に囲まれている公園の中や、大きな木が生えているスポットの近くでしたほうが、自分の体に良い気が取り込みやすいと考えられます。

 

時間帯は午前3時から5時までの間にするのが理想といわれていますが、日本の環境はその時間帯は薄暗い時間帯なので、非現実的です。

 

しかしできるだけ早朝に行うのが理想と考えられます。

気功は日を置いてやるよりも、毎日行ったほうが良いです。

 

毎日、外の気感は異なっていて、毎日気功を行うことで、経験が積まれていきます。

練功とは?

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

気功の練習をすることを「練功」と呼びます。

生きる底力を養う練功・病中、病後の体力を回復させたい人に特におすすめです。

ここがポイント!
  1. 最初に椅子に腰かけます
  2. 左の足の裏(特に土踏まず)を右手の手のひらで包むように握ります。
  3. 左手の手のひらを下腹(へそから指四本分下がったところ)に当てます。
  4. その状態で、お腹でゆっくり呼吸をし、下腹の中が温かく感じるまで続けます。
  5. 反対も同じようにします。
  6. 一日数回、少なくとも、夜、床につく前に、一回を習慣にして、最低一ヶ月は続けます。

薬ではないので特効性はありませんが、気がつくと、周囲の人からも、状態が良くなったことを指摘されるようになります。

気功療法の特徴と注意点

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

ⅰ 自己療法

自らの鍛錬で次第に効果を獲得していき、疫病を克服して健康を勝ち得ようとするもの

ⅱ 全体療法

意・気・形の総合的な鍛錬を通して中枢神経系を調え、生体の抵抗力と適応力を増強しようとするもの

ⅲ 生体の潜在能力

外静内動をしっかり把握する、動と静をバランスよくすることが生体の活動を調整することに有効で、
また、潜在能力・自己調整能力を高めます。

ⅳ 精神誘導

誘導によって姿勢をもっと自然にリラックスさせることができたり、呼吸を次第に深くし、深くて
長い腹式呼吸ができます。

まとめ

気功 治療 やり方 紹介 自宅 個人 でも できる 方法

気功は日本社会においてマイナーな分野で、将来どのように普及させるかが課題となっています。

 

今の日本社会はパソコンなどの電子機器を扱う時間が増えてきていて、現実的なアナログ的な感覚を見失いやすい状態であるといえます。

 

そのような時に、毎日、決まった時間に気功を取り入れることで、人間的な感覚を取り戻し、バランスの取れた状態にすることが可能であると考えられます。

 

気功はとても良いものです。

身体は丈夫になるし、心も落ち着いて、明るい状態を維持できるようになります。

 

一度覚えてしまえば、お金がかかる心配もありません。

 

目に見えないもので、科学的に証明できるものではないのが難点ですが、思い切って、行動に移すことで、新しい世界が開けてくる可能性が有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =