ウインターブルーとは?冬に太りやすい人はすでに発症している!その対策は?

冬って、「よく食べて太ってしまう」…なんてことはありませんか?

 

また、「なんだか気分がどんよりする」「何もやる気が起きない…」など、冬になるとこんなブルーな気持ちに悩まされている人はいませんか?

 

気分が下がってしまうのは、気のせいではなく、実は天気が大きく関係していて、一年の中でも冬になると発症する人が多くなることから、「ウインターブルー」と言われています。

 

そこで今回は、【ウインターブルーとは?冬に太りやすい人はすでに発症している!その対策は?】ということについてまとめてみました。

冬は楽しいイベントがいっぱい!

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

冬は「クリスマス」や「お正月」、「バレンタイン」などのイベントが続きますよね!

 

また、寒くなってお気に入りのコートやマフラーを身に着けてお出かけしたり、きれいなイルミネーションを見たり、こたつにみかんで会話がはずんだり、楽しみが盛りだくさんな時期です。

 

しかしその一方で、冬になると時々気分がどんよりして、動けなくなってしまったり、外出をすることすらも面倒になってしまう人はいませんか?

 

そしてなんとなく鬱々とした気分になって、やる気が消失してしまう…この気分の原因は「ウインターブルー」という症状にあります。

「ウインターブルー」って?

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

ウインターブルーとは、別名「冬季うつ」または「季節性感情障害」などと言われており、日照時間が少なくなって天気がどんよりし始める10、11月ごろ~3月近くまで発症するとされています。

 

ウインターブルーという名前の通り、季節性のものなので、3月ころには自然と症状も収まるのが特徴です。

 

人の体は太陽光を浴びることで、脳内でセロトニンというホルモンが作られ、セロトニンがしっかり分泌されることで生活リズムを整え、幸福といった精神を安定させる作用があることから「幸せホルモン」とも言われています。

 

しかし冬は日照時間が短くなるので、夏場と比べてセロトニンが作られにくく、生活リズムも不規則になることから、不安定な気持ちになりやすくなってしまうと考えられています。

冬季うつ病との違いは?

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

冬季うつ病は、一因として日照時間が関係していると考えられています。

冬場は夏に比べて日照時間が短くなり、このうつ病を訴える人が多いと思われます。

 

それに伴い食欲などが減退してしまうのが一般的なうつ病ですが、それと違い、ウインターブルーは食欲が増し、とくに炭水化物を求める傾向にあることが分かっています。

 

そのため、冬になると太りやすい、炭水化物を求めるという人は、ウインターブルーを発症している可能性があるのです。

ウインターブルーになりやすい人

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

ウインターブルーは、10代後半~30代、特に女性に多く発症するとされています。

女性の疾患率は、男性のなんと3倍にもなります。

 

またそのほかにも、緯度の高い地域に住んでいる人や寝つきの悪い人に多いともされています。

ウインターブルー自己チェック!

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

「もしかしたら私もウインターブルーかも…?」と心当たりのある方もいるかもしれません。

そこで、自分でウインターブルーの可能性をチェックして確認してみましょう!

  • 突然不安が強くなり、自己肯定感が生まれない
  • やる気が出ず、無気力感が強くなる
  • 集中力がなくなり、普段の仕事や作業に支障が出る
  • 外出がおっくうになる
  • 日中でも強い眠気に襲われる
  • 他の季節と比べて炭水化物を多く摂っている

多くあてはまるほど、ウインターブルーの可能性があります。

冬を満喫するためにも、ウインターブルーを乗り越えたいものですね。

 

そこで、ウインターブルーの対策方法をご紹介します!

ウインターブルー対策!

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

ウインターブルーにかかってしまうと、せっかくの楽しい冬を楽しむことが出来なくなってしまいます。

そこで、ウインターブルー対策をご紹介します。

  • 積極的に光を浴びる
  • 夏より少しだけ早く起きてみる 
  • 食事からセロトニンを作る成分を取り入れる
  • 軽い有酸素運動を取り入れる

まずは太陽が出ているときは、積極的に外に出て太陽光を思い切り浴びてみましょう。

また、朝寒いと起きるのがつらくなってしまいますが、夏よりがんばって少しだけ早く起きてみましょう。

 

早く起きることで、太陽の光を浴びる時間も増え、また、夜早く寝れるので睡眠リズムが整います。

また、食べ物からも対策をするには、セロトニンを作るトリプトファンというアミノ酸を積極的に摂るのが大切です。

 

トリプトファンは、肉類や魚、大豆といったタンパク質に多く含まれているので、意識して摂りましょう。

また、美容と健康に効果的な有酸素運動は、ウインターブルー対策にもピッタリです!

 

激しい運動ではなく、ウォーキングなど一定のリズムで行う有酸素運動なら取り入れやすいですよね。

外で体を動かすのが苦手な人は、家の中で簡単なストレッチやヨガを行うのがおすすめです。

 

体を動かしてすっきりさせて、対策をしていきましょう。

ウインターブルーのTwitterでの反応!

ウインターブルーとは?冬に太りやすい人はすでに発症している!その対策は?のまとめ

ウインターブルー とは 冬 太りやすい 人 すで 発症 して いる その 対策

ウインターブルーとは?冬に太りやすい人はすでに発症している!その対策は?ということについてまとめてみました。

 

ウインターブルーは、気づかないうちに発症していることがあるので、もしかしたらすでにウインターブルーにかかっている可能性もあります。

 

なんか気分が沈んだり、やる気が起きなかったり、食欲が増している方は、要注意して下さい。

積極的に太陽の光を浴びて、軽く運動をして、せっかくの楽しい冬をすがすがしい気持ちで迎えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です