ハンタウイルスとは?コロナの次に流行か?中国ではすでに死者が

新型コロナウイルスの影響は、臨時休校を受けて、学校に行けない子供たちやその保護者、学校の先生など現場は大変なことになっています。

 

また、今春の採用内定を取り消された学生さんや、不要不急の外出禁止で飲食店経営者は収入減少し、失業している人まで出ていて、不安や混乱が広がっています。

 

一刻も早くコロナの収束を願っている矢先、「ハンタウイルス」という新しいウイルスによる死者が出てしまったようです。

 

そこで今回は【ハンタウイルスとは?コロナの次に流行か?中国ではすでに死者が】ということについてまとめてみました。

スポンサーリンク

コロナウイルスの次に流行?

新型コロナウイルスの影響は、休校から始まりオリンピック延期にまで広がっています。

こんなことになるとは…誰も予想していなかったでしょう。

 

とても残念でなりません。

 

そして、非常事態宣言として不要不急の外出を禁止され、外食産業では客足が減り、収入が減少し、外出を控えるために食べ物を買い占めたり、各地で混乱が起きています。

 

この先の見えない新型コロナウイルスによる影響は、どうなるのでしょうか?

まだ収束の目途がたっていない状況で、まさかの中国で新しいウイルスによる死者が出てしまいました。

 

その名も「ハンタウイルス」です。

ハンタウイルスとは?

中国で新たに発見された「ハンタウイルス」とは、一体何者なのでしょうか?

国立感染症研究所によると、ハンタウイルスとは、2週間の潜伏期を経て”発熱”や”呼吸困難”を引き起こすそうです。

 

急性かつ高熱を特徴とする疾患を引き起こすので、とても怖いものです。

また、急性に進行する呼吸困難が特徴的で、致死率は40~50%の感染症です。

 

ハンタウイルスは、肺が障害されるのが特徴で致死率はエボラなみなんだそうです。

 

中国の有力ネットメディア「澎湃新聞」は専門家の見解としては、かつては致死率が高かったハンタウイルスですが、現在はワクチンがあるので、早期に発見すれば治療が可能だと伝えました。

Twitterでの反応!

ハンタウイルスとは?コロナの次に流行か?中国ではすでに死者がまとめ

ハンタウイルス とは コロナ 次 流行 中国 すでに 死者

ハンタウイルスとは?コロナの次に流行か?中国ではすでに死者がということについてまとめてみました。

まずは、新型コロナウイルスの影響が収束しますように…。

 

そして新たに出てきた「ハンタウイルス」とやら…本当にやめてください。

これ以上、死者を増やさないでください。

 

人類は今後、ウイルスに侵されてどうなってしまうのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です