Facebook広告で出稿できるおすすめ10種類の広告形式を紹介!目的別の選び方を解説!

Facebookでの広告が今事業者に人気になっています。

Facebookは、多くの人が毎日のようにログインする大人気SNSなので、特に若者をターゲットとした商品を宣伝するにはもってこいの広告場所なんです。

 

Facebookの特徴は、細かな個人情報を基に、ターゲット層を中心に的確に広告を表示することができるところにあります。

つまり、無駄に広告をうってしまうことが少なく、少ない予算で多くの顧客を獲得できる可能性が高いのです。

 

そして、もう1つの特徴は、その広告のフォーマットの種類です。

様々な企業の要望に応えられるように、Facebookには10種類もの広告形式があるんです。

 

そこで今回は、Facebookで使える広告はどのような形があるのか、1つずつご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Facebookで使える広告形式

まずはじめに、Facebook上では、以下のような広告形式が使用できます。]

 

ここがポイント!
  • 画像広告
  • 動画広告
  • スライドショー広告
  • カルーセル広告
  • キャンバス広告
  • コレクション広告
  • ダイナミック広告
  • リード広告
  • クーポン広告
  • イベント広告

これらを順に1つずつ詳しく解説していきましょう。

①画像広告

「画像広告」は、一番一般的な広告の形です。

1枚の画像と簡単な文章で構成されています。

 

文字を多く入れるより、よりインパクトのある画像を入れられるかが勝負どころとなります。

 

どれだけFacebookユーザーに興味を持ってもらえるかがポイントなので、その点をよく考えて作成しましょう。

難しい加工技術も特に必要ないため、はじめての人にも作りやすいものになっています。

②動画広告

①の「画像広告」が動画バージョンになったのがこの「動画広告」です。

ユーザーの画面にこの広告が表示されると、自動的に動画が再生されます。

 

静止画像1枚よりもインパクトを与えやすいというメリットがあります。

 

また、伝えられる情報も、画像広告よりもはるかに多くなるので、編集作業等が得意な人は是非チャレンジを。

見やすい時間内に分かりやすい情報を詰めることがポイントです。

③スライドショー広告

動画はちょっと難しいな…という人は、「スライドショー広告」をやってみましょう。

 

3~10枚の画像をスライドショー形式に流すことができるもので、画像が準備できれば、大変な編集作業は必要ありません。

 

複数商品を紹介してもよし、商品の使い方をレクチャーするもよし、様々な活用方法があります。

データ量が少ないため、動画よりもデータ読み込みが早いというメリットもあります。

④カルーセル広告

1つの広告枠に、複数の画像や動画を載せることができるのが「カルーセル広告」です。

 

それぞれの画像、もしくは動画をタップするとサイトに飛ぶことができるようにできるため、複数のものを宣伝したい人にはおすすめです。

 

ストーリー性を持たせて商品の紹介をすることもできますよ。

また、よくクリックされる画像を自動で1枚目にしてくれるという便利な機能をあります。

⑤キャンバス広告

「キャンバス広告」をクリックすると、フルスクリーンで広告画像がでてきます。

画面いっぱいに広告を出すことができるので、インパクトは抜群です。

 

テンプレートもあるので作成は意外に簡単で、データの読み込みも早いので人気の広告となっています。

こちらはスマホ専用広告であるというところが注意ポイントです。

⑥コレクション広告

「コレクション広告」は、1つの広告枠の中に、小さなショッピングサイトを作成するイメージの形式です。

 

メインの画像、もしくは動画を設定し、その下に関連画像4枚を並べて作成します。

大手企業が採用することが多いものです。

広告と別に製品カタログを作る必要があり、作成には少し手間がかかりますが、苦労しただけ効果がでやすいメリットがあります。

⑦ダイナミック広告

見た目はカルーセル広告に似ていますが、ユーザーの閲覧履歴を考慮して表示させる広告を自動的に変えていってくれるというのが「ダイナミック広告」の大きなポイントです。

 

サイトを見たことがないユーザーにも、興味を持ちやすいと思われる商品を自動表示してくれるので、販売促進に繋がります。

 

こちらもコレクション広告同様製品カタログの作成が必要なのと、専用のピクセル実装が必要なので、慣れていない人には少し難しいかもしれません。

 

しかし、それだけ効果は見込める広告形式なので、頑張って使いこなせるようになるといいですね。

 

旅行向け、小売り向け等、業界に特化したダイナミック広告もあります。

こちらは住所などの細かな情報の入力も必須となりますが、初回設定さえしておけばあとは自動で配信してくれるので、あまり難しく考えずにトライしてみましょう。

⑧リード広告

「リード広告」は、ユーザーの情報を集めたいときに打ち出す広告です。

 

サイトへ行くと、メルマガ配信などをおすすめでき、許可を得られればFacebook上に登録されているメールアドレス等を取得できるようになります。

次回以降の広告を流す際に活用できたり、セミナー参加を促したりできるようになります。

⑨クーポン広告

クーポンをつけて配信するのが、この「クーポン広告」です。

購買意欲を駆り立てる効果的な方法です。

 

これを機に実店舗への集客につなげることもできます。

新客、リピーターのどちらにも対応できる広告です。

⑩イベント広告

イベントを知ってもらうべく送る広告が「イベント広告」です。

イベントの集客を図りたい人は活用してみてはいかがでしょうか。

参加予定、もしくは興味があるかどうかをアンケートをとることもできるので、イベントを行うときの規模の予想に使用することも可能です。

Facebook広告で出稿できるおすすめ10種類の広告形式を紹介!目的別の選び方を解説!まとめ

酵水素328選 生サプリ 解約方法 解説 メール 電話

いかがでしょうか。

Facebookにはたくさんの広告の形式があることをご紹介しましたが、広告をうつ目的によって最適な広告はそれぞれ異なります。

 

自分はどの広告を使うのがよいのか、よく考えて作っていきましょう。

また、新しいものは髄時配信されていくので、定期的にチェックを欠かさずにいることも大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 9 =