余ったケーキを美味しく保存する簡単な方法6選!やってはいけないことは?

クリスマスと言えば、チキンやオードブルといったごちそうがいっぱいですね♪

 

そこにクリスマスだからと張り切って大きめのクリスマスケーキを買ったのに、お腹がいっぱいになってしまってケーキまで食べきれないことも多いですよね(笑)

 

そこで、ケーキを美味しく保存できたらいいですよね♪

そこで今回は、【余ったケーキを美味しく保存する簡単な方法6選!やってはいけないことは?】ということについてまとめてみました。

 

ここでご紹介する方法は、特別な道具などは必要なく、家にあるもので簡単にできるので、すぐに実践できるものばかりです。

 

さっそく見ていきましょう。

余ったケーキ、どうしていますか?

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

食べたいけどお腹がいっぱいで食べられない余ったケーキ、みなさんはどうやって保存していますか?

明日になったらまた食べたいと思いますよね。

 

そこで、ケーキをそのまま美味しく保存したいですよね。

 

大抵箱に入っているケーキですが、残っているケーキが少しの場合、箱のまま冷蔵庫に入れるのはかさばるし、おうちで作った場合はもちろん箱はありません。

ボウルを活用

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

箱のままでの保存だと、何かとかさ場所をとるケーキですが、ちょっとコンパクトに保存する方法として、ボウルをそのままかぶせます!

 

形は崩さずに、乾燥もしないで翌日もケーキを楽しみたいスイーツ女子には大変簡単で便利な方法ですね!

ザルにラップを巻く

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ホールケーキの保存方法として、ザルだけだと汚れてしまいますが、そこにラップを巻くというアイディアが生まれました。

 

これならクリームがついてしまっても気にならないですよね!

ふんわりラップで乾燥防止

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ラップも巻き方次第では、しっかりと箱代わりにまります!

 

ラップならどのご家庭にもありますよね。

そのラップをふんわりすることで乾燥することなく、翌日もケーキを美味しく頂くことが出来ます♪

ラップにクリームがくっつかない!?

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

さらにラップにクリームがくっつくのが気になる方は、クリームがくっつくない方法として、竹串で空間を作る方法があります!

 

竹串がなければ割りばしでも箸でも、なんでもいいです!

ケーキとラップとの距離が取れればなんでも使えます。

タッパーに入れて保存

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ケーキを箱から取り出し、タッパーなどの密閉容器に移し替えて保存する方法です。

 

こうすることでケーキを乾燥から守ることができ、さらに他の食材の匂いが移ってしまうことも防止することができます!

 

冷蔵庫から取り出して食べる際は、少し時間を置いて常温に戻してから食べることで本来のふんわりとした食感を楽しむことができます。

冷凍保存をする

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ケーキは冷蔵庫で保存である程度の時間保存することは可能ですが、さらに冷凍保存することも可能なのです。

しかし、フルーツなどがのっている場合は事前に取り除くことが大切です。

 

フルーツをのせたまま冷凍してしまうとフルーツから水分が出て、ケーキがベチャッとした仕上がりになってしまう可能性があるので、フルーツは必ず取り除くようしましょう。

 

さらに冷凍したものを解凍する際には、常温で自然解凍するのではなく、冷蔵庫に移してゆっくり解凍するようにすると良いです。

ケーキの賞味期限ってどれくらい?

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ケーキ屋さんでケーキを購入すると、賞味期限が記載されたシールが貼られていますが、大抵は購入したその日の日付が賞味期限となります。

 

基本的にケーキはあまり日持ちしないので、賞味期限としては購入したその日になります。

賞味期限が短いもの

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ケーキにも色んな種類があって、賞味期限が短いものと長いものがあります。

一般的に生クリームを使用した「デコレーションケーキ」は賞味期限が短く、その日の内に食べきるようにしましょう。

 

また、いちごなどの生のフルーツが使用されたものは、時間が経つにつれてだんだんと鮮度が落ちていくので、注意が必要です。

賞味期限が長いもの

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

賞味期限が短いものに対して、賞味期限が長いケーキとしては、生クリームやフルーツが使用されていないものが挙げられます。

 

例えば「ベイクドチーズケーキ」や「ガトーショコラ」などがあります。

これらはしっかり火が通っているので、数日は保存することができます。

 

さらに、自宅で焼いた場合は作りたてよりも一日時間を置くことで生地がしっとりして美味しくなることも多いので、日持ちさせたい場合には特におすすめです。

 

そして、最も賞味期限が長いものが「アイスケーキ」です。

アイスケーキは長い期間、好きなときに好きな量を食べられることもメリットの一つです。

ケーキを冷蔵庫で保存する際にやってはいけないこと!

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

ケーキを冷蔵庫で保存する際にやってはいけないこととして、ご紹介します!

まず、お店で購入した際に入れてもらった箱のまま冷蔵庫へ入れることです。

 

通常、お店でケーキを購入すると、厚紙の箱に入れてくれますが、この箱はあくまでも持ち運び用なので、箱から出しましょう。

 

箱のまま冷蔵庫に入れると、箱が湿っぽくなりますが、これは紙が冷蔵庫の中の湿気を吸収している証拠です。

また、箱の中の湿気も吸収する為、ケーキ自身から水分を奪うので、ケーキは乾燥してしまいます。

 

なので、冷蔵庫で保存する際は箱から出して保存するようにしましょう。

余ったケーキを美味しく保存する簡単な方法6選!やってはいけないことは?のまとめ

余った ケーキ 美味しく 保存 する 簡単 方法 6選 やってはいけない こと

余ったケーキを美味しく保存する簡単な方法6選!やってはいけないことは?ということについてまとめてみました。

せっかくのクリスマスケーキですが、楽しい話とごちそうがたくさんあって、お腹がいっぱい…。

 

そんなケーキはしっかりと保存をして翌日、美味しく食べましょう!

また、冷凍保存をすることも出来るので、より長くケーキを楽しむことが出来ますね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − ten =