ヒューマンロスト(人間失格)のあらすじを紹介!原作との違いは?

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

太宰治の名作である「人間失格」はほとんどの人が知っているのではないでしょうか?

今までにも太宰治の原案を元に映画化されていて小栗旬さんが太宰治を演じるなど、太宰治が残した「人間失格」は今でも最高傑作として夜に受け継がれていますね。

 

そんな作品が今度はアニメーション映画となって2019年11月29日に公開されます!

そこで今回は、ヒューマンロスト(人間失格)のあらすじを紹介したいと思います!

 

また、原作との違いを見て見ましょう!

スポンサードリンク

ヒューマンロストのキャストは?

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

今回の映画「ヒューマンロスト(人間失格)」で主人公である大庭葉蔵を演じるのは、声優を主に俳優や歌手など幅広い分野で活躍する宮野真守さんです。

他にも柊 美子役に花澤香菜さん・堀木正雄役に櫻井孝宏さんが抜擢されています!

ヒューマンロストとはどんな映画?

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

太宰治の「人間失格」がアニメ映画になったということでどのようなあらすじになっているのか気になっている人もいるでしょう。

まず、どのような設定になっているのかというと、昭和111年の東京が舞台となっています。

 

冒頭でも紹介したように太宰治の「人間失格」をもとに近未来のSFとしてリメイクされているのです!

なので、原作にはない話などもあったりするようですね♪

 

また、今回の映画はクリエイター陣も豪華な顔ぶれがそろっているので見応えがあるアニメ映画に仕上がっているのではないでしょうか?

ヒューマンロストのあらすじ

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

では、早速オフィシャルサイトで紹介されているあらすじを見てみましょう!

 

ここがポイント!

昭和111年ーー医療革命により死を克服し、環境に配慮しない経済活動と19時間労働政策の末、GDP世界1位、年金支給額1億円を実現した無病長寿大国・日本、東京。

大気汚染と貧困の広がる環状16号線外”アウトサイド”で薬物に溺れ怠惰な暮らしを送る大庭葉蔵(宮野真守)は、ある日、暴走集団とともに特権階級が住まう環状7号線内”インサイド”へと突貫し、激しい闘争に巻き込まれる。

そこで”ロスト体”と呼ばれる異形体に遭遇した葉蔵は、不思議な力を持った女性、柊 美子(花澤香菜)に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る

オフィシャルサイトでは上記のように紹介されています。

花澤香菜さん演じる柊 美子(ひいらぎ よしこ)と宮野真守さん演じる主人公、大庭葉蔵が持つ不思議な力とはどのような力なのか気になりますね!

 

彼らがどんな力を持つのかは劇場で明らかになるでしょう★

太宰治の原作「人間失格」の内容は?

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

太宰治の原作である「人間失格」は、「恥の多い人生を送ってきました」という一文が有名なのでこの一文を知っている人は多いのではないでしょうか?

主人公である大庭葉蔵が語り手で、どのような人生を送ってきたのか、どのような孤独を経験し、孤独を紛らわせるために誰と付き合ってきたかなど、大庭葉蔵の人生が描き綴られています。

 

まず、書き出しですが書き出しでは大庭葉蔵本人ではなく彼のことを知らない第三者からの目線で書かれています。

彼のそれぞれの時代の写真を使い、彼の印象などが記載されているのです。

 

その写真は、幼少期のものからありますが薄気味悪い写真だという人も多いですね。

この第三者の目線で書かれた書き出しの後に、「第1の手記」・「第2の手記」・「第3の手記」と大庭葉蔵の独白が始まります。

人間失格というタイトルの意味

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

太宰治の原作をすでに読んだことがあるという人は「人間失格」というタイトルの意味を知っているでしょう。

しかし、まだ太宰治の原作を読んだことがない人の中にはなぜ「人間失格」というタイトルになっているの?と思っている人もいるでしょう。

 

人間失格というタイトルの意味を見てみましょう。

簡単に言うと「人間失格」とは大庭葉蔵の人生に対してつけられたタイトルです。

 

大庭葉蔵は他人の気持ちが分からないことやに苦しみ、酒や女、そして薬によって苦しみます。

最終的には大庭葉蔵本人が予想もしなかった脳病院に収容されることになるのです。

 

これらの、自分の人生を振り返って自分自身で「人間失格」と評価しているのです。

また、こんな自分は周りから見ても「人間失格」なのであろうと考えて、このタイトルは自分自身の評価と他人の評価を踏まえてつけられたタイトルなのではないでしょうか。

第1手記のあらすじ

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

「人間失格」は第1手記から第3手記とわかれていますが、第1手記のあらすじはどのようになっているのでしょうか?

紹介しますね。

 

葉蔵は幼少期から他人が何を考えているのか理解できない子どもでした。

例えば空腹感とか、幸福を感じる瞬間が自分とはまるで違うと感じていたのです。

 

葉蔵は「みんな何を考えているのか」・「自分とはまったく違うのだろうか」と考えることでわからなくなり不安と恐怖に襲われていきます。

そういったことから、自分を「道化」として偽ることに決めたのです。

 

口答えなどをすることもなく、常に他人の目を気にして無理に笑ったりして道化を演じることで、他人とは違った不安や恐怖を隠そうとしていました。

その結果、周りからは「おちゃめな子」だと思われるようになり自分自身を偽ることに成功しました。

 

しかし、「おちゃめな子」は演技なので他人に偽りであることがバレると怒られる…と思い込んでいた葉蔵は、何をされても我慢をし続けました。

このことでさらに他人がわからなくなり、ますます自分を孤独だと感じてしまいます。

原作とヒューマンロストの違い

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

原作を元にアニメ映像化された「ヒューマンロスト(人間失格)」ですが、今回の映画はオリジナルとしてリメイクされているので、葉蔵の人生をベースにしていますが原作の内容とは違うようですね!

どちらも「人間失格」というワードは大庭葉蔵の人生を表しているのでしょう。

 

原作も今回の映画もそれぞれ違った内容なので実際に原作を読んだり映画を見て内容を比べるのも面白いかもしれないですね。

また、この他にも小栗旬さん主演の「人間失格」という作品も、太宰治の原作を元に作られた映画なので興味がある人は見てみてくださいね♪

ヒューマンロスト(人間失格)のあらすじを紹介!原作との違いは?まとめ

ヒューマンロスト 人間失格 あらすじ 紹介 原作 違い

 

まとめ!
  • ヒューマンロストの主人公役は、宮野真守
  • 他キャストは花澤香菜・櫻井孝宏etc…
  • ヒューマンロストは昭和111年の東京を舞台にしている
  • 近未来のSF映画としてリメイクしている
  • 原作とヒューマンロスト(人間失格)は内容が違う
  • 原作の有名な一文は「恥の多い人生を送ってきました」

太宰治の「人間失格」という作品を知らない人は少ないのではないでしょうか?

その名作である「人間失格」を元に作られた映画「ヒューマンロスト(人間失格)」!

 

この映画は、原作を元にしていて主人公も同じく大庭葉蔵ですが、オリジナルとしてリメイクしているため、内容は異なっているようです。

原作には登場しない人物も出てくるようなので、まったく新しい「人間失格」という作品になっているのではないでしょうか♪

 

映画では、大葉葉蔵の人生がどのように描かれているのかも必見ですね★

映画公開は、まだ少し先の2019年11月29日なのでまだ原作「人間失格」を読んだことがない人は読んでおくと映画との違いを比べれますね!

 

この記事を読んで今回の映画「ヒューマンロスト(人間失格)」が気になった人は、公開日に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

きっと楽しめる作品になっているでしょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です