東京オリンピック中止?過去5回のオリンピック中止事例!

中国で猛威を振るっている「新型コロナウイルス」ですが、日本国内でも感染者が確認されてどんどん感染が拡大していますね。

 

「マスクをする」「正しい手洗いをする」「健康的な生活を送る」といったことをしていればそれほど脅威に感じることはないと言われていますが、不安に感じますよね。

 

いつどこで感染するか分からないということで、やはり怖いですね。

しかも2020年には東京オリンピックを控えています。

 

そこで今回は、【東京オリンピック中止?過去5回のオリンピック中止事例!】ということについてまとめてみました。

スポンサードリンク

東京オリンピックの開催までに収束する?

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

現時点で8名の感染者が確認されている日本ですが、人から人への感染が確認されました。

人から人への感染の可能性があるのであれば、今後、さらに拡大することが予想されますよね。

 

今は「春節」で中国人観光客がくているだけでもパニックなのに、オリンピックとなるとさらに世界各国から日本にやってきます。

 

前回の「SARS(サーズ)」「MARS(マーズ)は、収束するまでに数か月というかなりの時間がかかりました。

東京オリンピックまであと半年もありません…。

 

感染のピークは4~5月と言われていて、新型コロナウイルスのワクチンの開発には少なくとも3~4カ月かかると言われています。

 

もし東京オリンピックに重なってしまったら、大変ですよね。

東京オリンピック2020の開催期間は?

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

東京オリンピックの開催期間は、2020年7月24日(金)~8月9日(日)までの12日間となっています。

東京オリンピック開催までに新型コロナウイルスが収束していればいいのですが、心配ですね。

 

中国ではすでに4000人を超える感染者が報告されていて、「実際の感染者はもっと多いのでは?」とも言われています。

潜伏期間もあるので、日本での感染者も今後さらに増えていきそうな気がしますね…。

過去のオリンピック中止の事例!

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

オリンピックを目標に頑張ってきた選手のことを想うと、中止はあまりにも酷な決断ですが、実際に中止という判断があるので、と東京オリンピックももしかしたらあり得るかもしれませんね。

 

過去のオリンピックでは、「夏季オリンピック」が3回、「冬季オリンピック」が2回の合計5回が中止となっています。

中止になった夏季オリンピック

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

『1916年 ベルリンオリンピック(第6回大会)』

開催国はドイツで、第一次世界大戦により中止になりました。

 

4万人を収容できる競技場が整備されていたそうです。

『1940年 東京オリンピック(第12回大会)』

 

開催国は日本で、日中戦争により中止になりました。

 

アジアで初、また欧米以外の有色人種の国での初の開催に、国の整備・競技場の建設・テレビ中継などの準備も進んでいたが、戦況の悪化により日本政府が自ら開催権を返上しました。

 

『1944年 ロンドンオリンピック(第13回大会)』

開催国はイギリスで、第二次世界大戦により中止になりました。

 

繰越で、4年後の1948年に第14回大会としてロンドンオリンピックが開催されたそうです。

中止になった冬季オリンピック

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

中止になった冬季オリンピックは、以下の2大会である。

『1940年 札幌オリンピック』

開催国は日本で、同年開催予定だった東京オリンピックと同じく、日中戦争により中止になりました。

 

『1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック』

開催国はイタリアで、同年開催予定だったロンドンオリンピックと同じく、第二次世界大戦により中止になりました。

以上、5回のオリンピック大会が中止になっているのですが、中止の理由はすべて戦争によるものでした。

 

しかし、5回のうち2回は日本で開催予定だった大会だったのが悲しいですね。

東京オリンピックが中止になる可能性は?

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

今までのオリンピック中止は戦争によるものなので、ウイルスによる中止はこれまでにはありませんが、「新型コロナウイルス」の流行次第では分からないですよね。

 

さらに、オリンピックまであと半年に迫っているというこで、「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」として、発症地の中国からサッカーやバスケットボールのオリンピック予選トーナメントが中国から移転済みです。

 

新型コロナウイルスがSARSを上回る勢いで感染拡大していることを踏まえると、東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります。

 

その場合、急ピッチで設立した新国立競技場や3兆円にも及ぶ莫大な投資は、無駄になってしまうのでしょうか。

収束がなんとか間に合えば、十分にオリンピックの開催は見込めますね!

スポンサードリンク

Twitterでの反応!

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

スポンサードリンク

東京オリンピック中止?過去5回のオリンピック中止事例!のまとめ

東京 オリンピック 中止 過去 5回 オリンピック 中止 事例

東京オリンピック中止?過去5回のオリンピック中止事例!ということについてまとめてみました。

東京オリンピック中止になったら、さまざまな問題が出てきますね。

 

何より4年に1度のオリンピックを目標に頑張っている選手たちの気持ちを思うと、とても辛いです。

 

また、過去に5回のオリンピックが中止となていたので、このコロナウイルスによる東京オリンピックの中止もなくはないですね。

 

とにかく、新型コロナウイルスの感染拡大を防いで、収束することを願います!

また、感染しない為にも、「マスクの着用」や「手洗いうがい」をしっかりしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =