梨花のブランド閉店の本音と理由!残像って売り上げのこと?

梨花さんのブランドである『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』が閉店することで話題になっています。

ブランドの閉店における梨花さんの本音と閉店の理由!気になりますよね…。

 

また、インタビューで「残像」って語っていましたしたが、売り上げのこと?なのでしょうか。

梨花のブランド閉店の本音と理由!残像って売り上げのことなのか?についてみていきましょう!

スポンサードリンク

梨花のブランド閉店の本音と理由!

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆様へご報告があります。 . . MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、 閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます。 7年前、2012.4.12 息子が誕生した4ヶ月後に MAISON DE REEFUR 代官山第1号店がOPENしました。 その当日の事は 今でも鮮明に覚えています。 OPEN時間11時 お店の扉をあけると そこには雨の日にもかかわらず、 本当に沢山の方が並んで待っていてくれました。 その当時、誰も来てくれなかったらという不安と、 初めての子育てとの葛藤の中で、ちゃんとOPENできたという安堵、皆様があたたかく待っていてくださったことが本当に凄く嬉しくて、 泣き崩れた事を今でも覚えています。 1日目2000人1週間で2万人 1年間で35万人もの方が REEFURに訪れてくれたと聞いています。 色々な街でREEFURのピンクのショッピングバッグを持って歩いている女の子を見かけました。想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、 ありがとうの気持ちは忘れません 。 目まぐるしく過ぎていく今の時代 私自身 思考や求めるもの 大切にしたいことが、 だんだん変わっていく中で 心を保ちながら 私の力不足も含めて この大きなビジネスを保つことが、 とても難しいと感じるようになりました。 もがきあがきながら 至らない事だらけの私でしたが、 精一杯かけぬけた7年間でした。 これから残りの人生を どう生きていきたいかを考えるようになった時、 ここで一度立ち止まり、 この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました。 これまで、 支えてくださった沢山の方々には 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 これまでMAISON DE REEFURという ブランドを愛してくださった皆様 本当にありがとうございました。 最後の日まで MAISON DE REEFURをよろしくお願い致します。 梨花

梨花さん(@rinchan521)がシェアした投稿 –

梨花さんのコメントとしては、

皆様へご報告があります。 . . MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、 閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます。 7年前、2012.4.12 息子が誕生した4ヶ月後に MAISON DE REEFUR 代官山第1号店がOPENしました。 その当日の事は 今でも鮮明に覚えています。 OPEN時間11時 お店の扉をあけると そこには雨の日にもかかわらず、 本当に沢山の方が並んで待っていてくれました。 その当時、誰も来てくれなかったらという不安と、 初めての子育てとの葛藤の中で、ちゃんとOPENできたという安堵、皆様があたたかく待っていてくださったことが本当に凄く嬉しくて、 泣き崩れた事を今でも覚えています。 1日目2000人1週間で2万人 1年間で35万人もの方が REEFURに訪れてくれたと聞いています。 色々な街でREEFURのピンクのショッピングバッグを持って歩いている女の子を見かけました。想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、 ありがとうの気持ちは忘れません 。 目まぐるしく過ぎていく今の時代 私自身 思考や求めるもの 大切にしたいことが、 だんだん変わっていく中で 心を保ちながら 私の力不足も含めて この大きなビジネスを保つことが、 とても難しいと感じるようになりました。 もがきあがきながら 至らない事だらけの私でしたが、 精一杯かけぬけた7年間でした。 これから残りの人生を どう生きていきたいかを考えるようになった時、 ここで一度立ち止まり、 この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました。 これまで、 支えてくださった沢山の方々には 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 これまでMAISON DE REEFURという ブランドを愛してくださった皆様 本当にありがとうございました。 最後の日まで MAISON DE REEFURをよろしくお願い致します。

とのことですね。

梨花さんのファッションブランドは『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』ですね。

 

梨花さんとしては「今の時代 私自身 思考や求めるもの 大切にしたいこと」というところというところで子育てに専念したり、自分磨きに専念したいとのことでお話ししていますが、本音がでているのは

「 私の力不足も含めて この大きなビジネスを保つことが、 とても難しいと感じるようになりました。」のところですね。

 

つまり、「売り上げが上がらなくて赤字倒産」というところになります。

モデルとしても凛としている梨花さんなのではっきりは言いませんが、7年という年月とおもに梨花さん自身の人気が薄くなってきたのとそれに合わせてブランドである『MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)』の人気も下火になってしまったということですね。

 

常に新しい風が吹き続けているモデル界で人気でいることは大変難しく、年齢と共に注目度も下がってしまうことは仕方ないです。

ブランドもすでにトップブランドは決まっていますし、そこへ入り込むのもなかなかむつかしいですよね。

 

これは仕方ないことだと思います。

それにしても「7年」という長い期間経営をできたことが素晴らしいことだと私は思います^^

スポンサードリンク

梨花の語る残像って売り上げのこと?

 

この投稿をInstagramで見る

 

hi💞

梨花さん(@rinchan521)がシェアした投稿 –


一時的は、バラエティーを中心にテレビ番組で活躍し、多くの雑誌で誌面を飾った。一線級のモデルとして活動を続け、実業家としても成功を収めた。一方で自己分析で「すごいビビリで、意外と冒険心も少ない」とギャップのある回答をみせ「テレビや雑誌に出ていた当時の残像には敵わない」と本音を漏らす一幕も。

インタビューでこのように語っていました。

この「テレビや雑誌に出ていた当時の残像には敵わない」という本音の部分ですが、過去の自分にはかなわないってお話しだと思います。

 

売り上げがどうとかではなく、「テレビに出演していた過去の自分はとても光っていた」と過去を振り返っている言葉ですね。

バラエティ番組にでていたころの梨花さんは確かに人気もすごかったですし、だれもが憧れている存在でした^^

 

今では実業家ということで表舞台にはたっていないのでちょっとずつみんなの記憶からも薄れてしまい「残像」の状態となっているのは上手い表現ですね…。

次の事業を考えているのかはわかりませんが、ぜひ今後も世の中に何かを

発信してくださると思います!

男性

芸能人の店・ブランド 次から次へとあらわれた そして今も開店し続けてる 、、、生き残り続けているタレント店・ブランドって どれくらいあるんでしょう??タレント 知名度にあやかっての店・ブランドの有り様は実際 タレント本人がどれくらい携わっているんでしょう?

女性

寧ろ長く続いた方では。。。正直、値段の付け方が異常に見えた。ブランド名に高いをつけて検索すると出てくる。

男性

MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファーの成功はほんとにすごい凛花のプロデュース力もだけど中にいるスタッフ陣がみんなプロフェッショナルだと感じた

女性

個人、生き方、タレント性、実業家としてすべてで輝かしい動きをする人だね。素晴らしいプロデュース力

男性

ブランドの撤退は悲しいなぁ。 ブランドを守ってる人達の思いがあるからね。

女性

生き残るのが難しい業界なんだろうね・・・

それでも7年続いたって普通にすごいと思うよ

男性

彼女が好きなブランドで懐かしい。

悲しいなぁ

梨花のブランド閉店の本音と理由!残像って売り上げのこと?まとめ

梨花さんのブランド閉店の本音と理由について紹介をして、残像って売り上げのことなのか?というところに着目してきましたがいかがだったでしょうか。

人気モデルのブランドは影響力が強くファンもつきやすいですが、モデルさん自体の露出が減れば人気も衰退してしまうのは仕方ないことなのかもしれませんね・

 

今回の閉店理由ですが、「売り上げが厳しくなったため」ですね…。

本音としてはもっと事業をやっていたかったようですが、仕方ないことだなって思っているところでした。

 

過去の残像を振り切って次の行動に注目ですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です