アンサングシンデレラのタイトルの意味はなに?ドラマの内容との関係性は?

アンサングシンデレラのタイトルの意味は?

ドラマの内容との関係性やアンサングシンデレラのドラマをみた人の口コミなどについて紹介します。

スポンサーリンク

 アンサングシンデレラのタイトル意味は!?

アンサングシンデレラ タイトル 意味 なに ドラマ 内容 関係性

アンサングシンデレラは、タイトルのアンサング(=unsung)は、英語で「歌われていない」を意味して、〔英雄などとして〕称賛されていない病院の縁の下の力持ち、女性薬剤師的な意味です。

 

アンサングシンデレラの話の中で扱われる主なテーマが「疑義照会」です。

 

疑義照会は、薬剤師が処方箋を元に調剤を行うとき処方箋の記載に疑問点や不明点を感じたときに、処方箋の作成者に対して内容の確認を行います。

 

薬剤師が薬を処方した医師に、処方箋の内容について問い合わせすることです。

元になったネタやモデルさんはいるのか!?

アンサングシンデレラ タイトル 意味 なに ドラマ 内容 関係性

元ネタ、モデルはネットで調べましたがのっていませんでした。

 

アンサング・シンデレラは、焼津市立総合病院の薬剤科で薬剤師をしている富野浩充さんが医療原案を担当しているため薬剤師の方が医療原案して薬剤師の苦悩なども描かれています。

 

アンサングシンデレラの作者「荒井ママレ」さんは、薬剤師を漫画の題材にしていますが薬剤師ではないようです。

 

アンサングシンデレラの医療原案は、焼津市立総合病院薬剤科の富野浩充さんは薬剤師だそうです。

「荒井ママレさん」のプロフィール

荒井ママレさんは、2009年の第63回新人コミック大賞に入選して、死神のわけまえで月刊!スピリッツでデビューした女性漫画家です。

 

アンサングシンデレラは月刊コミックゼノンで連載中で3巻まで出ています。

クロサギの作者黒丸のアシスタントをしていたようです。

デビュー作 死神のわけまえ

第63回新人コミックス賞に受賞しているため、月刊スピリッツの連載でデビューしました。

 

かなりショッキングな始まり両親と双子の姉弟の4人でドライブ中に事故で両親が死んでしまい、残された姉弟は生死の狭間で死神の少年取引をして現世に戻ってくるのです。

 

取引とは姉弟なので命を半分にして蘇らせますが、姉弟で朝型、夜型の12時間しか起きていることができません。

 

1日の活動時間は12時間しかなく、寿命が半分だとデスノートの発想です。

 

一日が半分という設定に驚きましたが、寝てしまうから姉・弟は話を直接できないわけですが手紙でやりとりすることになります。

 

10年が経ち助けてくれた死神と会います。

 

本当に短い作品ですが小学館eコミックスストアで少額で読めるため、興味ある方はアンサングシンデレラとは全く違う数奇なファンタジーものの本品を読んでみてはどうでしょうか?

実際に漫画を読んだ人の口コミは!?

アンサングシンデレラ タイトル 意味 なに ドラマ 内容 関係性

医療系にしては絵がきれいで難しくないためスラスラ読めますが、薬剤師さんの話は初めて読むがなかなか面白く泣ける話もあります。

・読みやすくていくらでも読めるとても面白い話で自分の好きな感じの物語でした。

・今年から薬剤師として薬局で働きますが学生時代、薬剤師という仕事がもっと世間に知られると嬉しいな〜と思っていました。
このマンガは薬剤師の仕事を分かりやすく丁寧に描いていると思い、みどりに負けないように私も全力で患者さんと向き合いたいです。

・病院勤務ではないが薬剤師をしているため病院研修時代を思い出しました。
読みやすくて薬剤師の置かれている立場がリアルに描かれて、薬学部が6年制になって15年くらい経ちますが、薬剤師はどう思われているのか?薬剤師のことを知ってもらいたいです。

・ドラマ化で話題のため読んたがとてもスイスイ読み進められおもしろかったです。

・分からない事は薬剤師さんに色々聞こうと思い、実際はこんなに親身になってくれる人いないというかまだ出会えてないですね。

・体調悪くたまに処方してもらいますが薬から病気が何かわかりました。
飲み合わせや副作用までしっかりと教えてくれるため、石原さとみさんがやるドラマ化楽しみにしてます。

・薬剤師さんにスポットを当てたマンガははじめてみたが、こんな感じで医者が忙しくてちゃんと見てくれない時も薬剤師さんは気になった事とかきちんと聴いてくれてとても心強い存在です。主人公も可愛くてまわりの人たちも個性的で先が気になるマンガでした。

・薬剤師と言えば医師に従って薬品を処方するだけで、医師と対等に物申して患者に最善を尽くしていることを描いた面白い作品ですね。

・薬剤師として働いているがドラマ化もとっても楽しみです。この作品を通して色んな方に薬剤師の仕事を理解してほしいですね。

・今までは注目されない薬剤師さんだったが、漫画でコミカルにわかりやすく描かれていてとっても面白く、医療のこととか全くわからないが夢中で読み、主人公の明るさといっしょに働くスタッフが仲が良くて好きです。

薬剤師さんにはお世話になってるが何も知らなかったな〜ととても勉強になります。絵も綺麗で読みやすくドラマをみるのが楽しみになりました。

・薬剤師さんのことが知れる漫画で主人公も周りの人も魅力的で、話としても面白いしためになりました。

・知ってるようで知らない薬剤師さんの仕事がよくわかるマンガで、知ることができない仕事にフォーカスしている素晴らしい作品だと思います。

・病院は実務実習しか経験ありませんが、理想的な職場環境が描かれていると思います。
薬を用意して渡すだけと思われていた薬剤師の仕事内容を知ることができます。
病院・薬局・製薬企業・公的機関など薬剤師の仕事は様々あるため働き口に困りません。

・ドラマ化されると聞き読みましたが、ただ言われた薬を選ぶだけのお仕事だと思ってたけど…薬剤師さんも色々ドラマがありました。

・関わることのなかった薬剤師さんという存在を身近に感じ、ドラマ化もするようなので、楽しみです。

・ドラマ化と言うことで購入しました。 あまり身近な話ではないので、購入を躊躇しましたが、読んでみて買って良かったなと思う作品でした。

・医療系のマンガが好きで読みましたが、薬剤師さんのマンガは初めてでしたがおもしろかったため続巻も期待しています。
ドラマが石原さとみさんと主人公とキャラあわないと思い、甲高い声でギャーギャー言ってる印象しかないので、ちょっとイヤだなと思います。

まとめ

アンサングシンデレラ タイトル 意味 なに ドラマ 内容 関係性
ここがポイント!
  • アンサング(=unsung)は、英語で「歌われていない」を意味して、〔英雄などとして〕称賛されていない病院の縁の下の力持ち、女性薬剤師的な意味です。
  • ドラマが始まるときいて漫画を読んでいる人が多く、色々な口コミがありましたが薬剤師のドラマに関心があると思いました。
  • アンサングシンデレラは薬剤師さんもいるようです。
  • 荒井ママレさんはアンサングシンデレラを描いていますが、薬剤師の仕事に注目した漫画はないためこの機会に薬剤師さんの仕事につく人が増えたらいいですね。

アンサングシンデレラはコロナの影響で延期になっていますが、テレビでドラマが放送されるまでが楽しみですね。

 

私は子供が病気になったらよく病院に連れていき、薬を処方してもらいますが薬剤師さんはたくさんある種類から薬を選んで、しっかりお医者さんから処方された薬を元にその人にあった薬を渡してくれるのはすごいことだと思います。

 

表向きの仕事は知っていますが、裏ではどんな仕事をしているのかは知らないため、この機会に漫画を読んで薬剤師さんの仕事を知りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + 8 =