2019年の今年の漢字は「令」に決定!トップ10に出た漢字は?

その年をイメージする漢字一字の公募を日本全国より行い、その中で最も応募数の多かった漢字一字を、その年の世相を表す漢字として毎年発表されています!

 

2019年も、今年の漢字として世界遺産の清水寺で発表されました。

その漢字とは一体?

 

そこで今回は、【2019年の今年の漢字は「令」に決定!トップ10に出た漢字は?】ということについてまとめてみたいと思います!

2019年の今年の漢字は?

2019年の今年の漢字は「令」ということになりました!

日本の古典から決まった”令和”という元号ですが、その令をとって今年の漢字になりました。

 

令和の令であることはもちろん、警報の発令など2019年のあらゆる場面で令をいう言葉が出てきました!

今年の漢字トップ10!

  • 10位・・・「税」
  • 9位・・・「天」
  • 8位・・・「風」
  • 7位・・・「水」
  • 6位・・・「嵐」
  • 5位・・・「災」
  • 4位・・・「変」
  • 3位・・・「和」
  • 2位・・・「新」
  • 1位・・・「令」

色んな漢字が出ています!

災害が多かったので「災」という漢字であったり、令和の「和」という漢字も3位入っています!

 

また、嵐の解散があったので「嵐」という漢字であったり、増税の「税」も入っています。

しかし、2位との票数の差は圧倒的で、2019年の漢字はダントツで「令」だったそうです。

2019年の今年の漢字は「令」に決定!トップ10に出た漢字は?のまとめ

2019年の今年の漢字は「令」に決定!トップ10に出た漢字は?ということについてまとめてみました。

2019年、一言では表すことのできないほどいろいろありました。

 

しかし、やはり「令」という漢字に決まったのは、元号が変わったことが一番大きかったのではないでしょうか?

2020年はどのような年になるのか、また楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =