ブルーロックネタバレ【第89話】最新話の感想も紹介!士道とイガグリの実力

ブルーロック【第89話】最新話を紹介!

2020年6月24日発売の「週刊少年マガジン 30号」ブルーロック【第89話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は士道が暴れていたお話でしたね。今回の話で國神と御影が士道とイガグリと試合をする、注目の最新話です。

ブルーロック【第89話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年30号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

ブルーロックネタバレ【第89話】最新話の感想も紹介!士道とイガグリの実力

ブルーロック

試合決定

イガグリに制裁を喰らわせようとした士道だったが、國神が間一髪で阻止しました。

士道は自分とサッカーをするかと聞くと、國神は自分はイガグリを助けただけでそんな挑発には乗らないし、自分は暴力が嫌いでフィールドで正々堂々とサッカーをするためにここに来ているし、士道みたいな汚いやり方は好まないと言います。

 

話を聞いていた士道は國神が言っているのはスポーツマンシップとか言う頭の弱い平和ボケ向けの全時代精神論だっけと言ったので、國神はカチンと来ます。

自分にとってサッカーはお遊びではなく生きている行為であり生命の爆発であると言う士道は、自分ほど正々堂々とサッカーを愛する人間はいないと豪語します。

 

その言葉を聞いた御影は乗ることにしました。

理由はこういう相手は力でねじ伏せた方が大人しくなるし、相方がイガグリなら負ける確率は低いし、士道が強いなら勝って引き抜けばいいし負けたら終わりの場面で自分達の選択肢は限られているからでした。

 

こうして國神と御影、士道とイガグリの試合が始まるのでした。

イガグリの変化

ここで負けたら終わりだから自分達の分岐点になるなと思いながら國神はパスを出し、御影は受けるも目の前には士道がいました。

瞬発力のスピードタイププレイヤーかと思った御影はすぐさま國神にボールを戻しました。

 

そうしたらこの間合いで横パスをするとはその程度のレベルかと士道は言ったので、御影は疑問に思っています。

そしてパスを受けた國神の前にイガグリが立ち塞がり、来いと叫んでいました。

 

國神はシュートレンジまで持ち込むことが出来れば勝てると思い、イガグリに対してこのまま体格差で押し込めると思って押し込めようとします。

そうしたら何時の間にか士道が来ていて、國神にぶつかってきたので國神はさっきまで御影の元にいたのに死角から忍び寄ってきたと心の中で驚いていました。

 

士道はそんなステップじゃバレバレだと言い、イガグリはルーズ・ボールを拾ってドリブルで突き進もうとするも御影が立ち塞がります。

イガグリは進化した自分を見せてやると御影に言い放つと共に、シザースを仕掛けます。

 

しかし、上半身まで動いてる見え見えのシザースであり、御影からすれば行きたい方向がバレバレでした。

そして左へと行くと思って足を伸ばしたのだが、イガグリはわざと御影に引っ掛けられたかのように転んでしまったので、御影はファウルとなりました。

 

御影はノーファウルだろと言いますが、判定は覆りませんでした。

対してイガグリは寺の息子舐めるなと言いつつ、自分は一人で戦うためにファウルを貰うずる賢さを手に入れたと、ブルーロックを勝ち上がるために狡猾なストライカーになると言います。

 

御影はさっきまで士道にやられた癖にと呟き、イガグリはそれに関しては感謝するがこっちにも人生がかかっていると言いました。

士道の能力

そうしたらイガグリは士道にパスを出し、御影は平均的だがバランスが良過ぎると、國神は左ミドルシュートしか撃てないと呟き、そんなんじゃ爆発しないと言います。

國神は僅かな時間で自分達の特性を見抜いたことに驚きを隠せませんでした。

 

更にパワーがあってプレスに動じない体幹が士道にはあったので、國神は全然弱点が見当たらないと思っていました。

そんな彼に士道はそっちはただのサッカーをしようとしていているんであれば自分を量る事は不可能だと、自分がフィールドでやってるのはサッカーではなく生命活動だと言ってイガグリにパスを出しました。

 

パスを受けたイガグリは即座にセンタリングを上げるも、御影に阻止されてしまい、センタリングは士道の後ろへといってしまいます。

背中向きで受けるしかない弾道だからシュートは撃てないと思っている國神。

 

しかし、士道はそんなのお構いなしと言わんばかりにダイレクトラインドライブシュートを撃ち、ボールはゴールへと吸い込まれました。

御影は驚愕しており、國神もこの底辺にまだ悪魔が残っていたと心の中で呟きます。

ブルーロック【第89話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「ブルーロック」最新刊の【89話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年30号」を無料で読むことができます。

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

ブルーロック【第89話】最新話の感想

國神からすれば、士道は態度は悪いが決して理不尽な暴力を振るわなかった馬狼にも劣ると思っているようですが、御影からすれば、士道は素行こそ悪いが得点王であることには変わりないし、イガグリがいるなら勝てると思っているのでしょう。

しかし、國神達もそうですし、私もそうですがイガグリの実力を見誤っていましたね。

 

勿論、イガグリ自身は國神、御影、士道に比べれば格が何段も下の選手ではありますが、チームが解散された後は彼なりに色々試行錯誤して出来る限りのプレーをしているのだと思います。

士道も自分の元に上げてくれるのなら、どんなパスでもゴールを決めてやると言う強い思いがあるのでしょう。

 

こうなって来ると2人が思っている以上に強敵なので、國神と御影がどのように立ち向かうのか、気になるところですね。

次回は國神と御影が、決死の思いで立ち向かうでしょう。

 

正直、問題なく勝てると思った試合でしたが士道の能力とイガグリの能力を目の当たりにし、締めてかからないと痛い目見ると思ってここから全力で立ち向かうと思います。

ブルーロックネタバレ【第89話】最新話の感想も紹介!まとめ

ブルーロック

今回はブルーロック【89話】最新話の感想も紹介してきました。

「ブルーロック」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + six =