シャングリラ・フロンティアネタバレ【第10話】最新話の感想も紹介!サンラクVSアーサー!

シャングリラ・フロンティア【第10話】最新話を紹介!

2020年9月23日発売の「週刊少年マガジン 43号」シャングリラ・フロンティア【第10話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回はサンラクの知り合いとされるアーサーペンシルゴンが現れたお話でしたね。今回の話でサンラクとアーサーが戦う、注目の最新話です。

シャングリラ・フロンティア【第10話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年43号を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!

シャングリラ・フロンティアネタバレ【第10話】最新話の感想も紹介!サンラクVSアーサー!

ユナイト・ラウンズ

サンラクの目の前に現れたのは、サンラクのクソゲーフレンドであり、鉛筆騎士もといシャングリラ・フロンティアではアーサー・ペンシルゴンと呼ばれる女性でした。

彼女を語るためには、ユナイト・ラウンズと言うクソゲーの話をしなければならないと言うサンラク。

 

ユナイト・ラウンズは世紀末略奪ゲームと呼ばれており、元々は滅びに瀕した王国を救うためにプレイヤー達が騎士となって襲い来るモンスターと戦う協力型MMOVRでした。

しかし、世界観に忠実過ぎるせいなのかアイテムドロップ率が桁外れに低く、最高にクソな仕様のせいでまともなプレイヤーは極少数であり、ただの石ですらドロップ率40%だったのです。

 

それに初心者用クエストであり薬草調達任務も、12時間草むらを捜索しなければ必要数を獲得する事が出来ず、それにアイテムのグレードが上がれば入手難度は更に跳ね上がる代物でした。

それ故に行き着いたのが、薬草を手に入れたプレイヤーから奪えば良いという考えでした。

 

薬草を四つん這いで草をムシっているよりも、NPCの売店を襲撃するか、襲撃したプレイヤーや手に入れたプレイヤーから奪えばいい、それがユナイト・ラウンズの正解だったのです。

そんなほぼ全員的ともいえるアウトレイジが蔓延する中、暴れに暴れまくり、あらゆる手段を弄して王国の掌握を達成した者が現れました。

 

それが鉛筆騎士であり、多くの者が彼女に賛同したのです。

こうして彼女を中心とした鉛筆王国が誕生しました。

反抗

そして鉛筆騎士に従わなかったサンラクとカッツオは倒れている騎士達からアイテムを拾い集めていました。

カッツォはサンラクにこのゲームはモンスターから国を守るゲームだよねと聞くと、サンラクは独裁共産政権という名の魔王を倒すゲームだろうと返します。

 

鉛筆騎士はストーリーのラスボスとは訳が違い、敢えて配下にしなかったプレイヤー達から色々な物を奪ったり、内通者にわざとレジスタンスを作らせる事で被害者達に反抗の意志を持たせてゲームから離れさせないようにしたのです。

それ故にこのゲームでは多くのプレイヤー達は、ディストピア・エンプレスこと鉛筆騎士の掌の上で踊らされていました。

 

しかし、それに反発するサンラクはカッツォと共に資本主義パワーで革命しようと意気込んで、鉛筆騎士がいる部屋へとやって来たのです。

鉛筆騎士は反乱軍を囮にして侵入して、少数精鋭で本丸を狙うとはやるねと感心するとサンラクはもう少し噛み応えのあるトラップを設置してほしいと言い、カッツォも温すぎて初見突破は余裕だったと言います。

 

鉛筆騎士は立ち上がって剣を握ると、その名前を覚えたがその馬鹿にした鼻笑いと不思議と凄いムカつくと言って、今からボスバトルだけど自分を倒して革命騎士になれるかなと不敵な表情をしながら言います。

激戦

そして現在に至り、サンラクはアーサーとは因縁があるし、ユナイト・ラウンズでは最終的に痛み分けで終わったが、シャングリラ・フロンティアではレベル差も乗っかると思っていたのです。

そう思っているサンラクに対してアーサーは剣による突き攻撃を繰り出し、サンラクは回避します。

 

わざわざ遠くからペナルティ承知で来たのだから感謝感激に泣いてもいいんだよと言うアーサー。

そしてアーサーはサンラクの背後を突くと、剣を地面に刺して勢いを殺すと懐に用意していたダガーを3本投げつけてきたので、サンラクは回避して防ぎます。

 

アーサーはサンラクのレベルが30前後である事を見抜き、良く避けられたなと言うとサンラクはこれは神ゲーだからスムーズに動くと言ったのです。

ウォーパルバニーに興味がある女性プレイヤーはアーサーの動きと名前を聞いて、プレイヤーキラークランで阿修羅会のナンバー2であり、通称ジャイアントキリングことアーサー・ペンシルゴンだと言ったのです。

 

そしてエイムは元に戻りつつあり、その間にアーサーは格上のプレイヤーばかり倒していったらそんな異名がついて、今では運営が鬼調整をしたからやりにくくなったとサンラクに説明します。

そうしたらサンラクはむしろディストピアで始末された女帝の方だろ、罪と巨体の重さをごまかすなと言って笑います。

 

対するアーサーは鳥頭の癖によく難しい言葉を知っているとは、勉強を頑張ったのかと笑いながら言います。

お互いに禁句だったのか、激怒して攻撃を繰り出す両者。

 

アーサーはサンラクと戦いながら個人的に来ただけじゃなく、自分のボスからユニークに関する情報を開示するかしたくなるまで狙われるか選べと言われていると伝えます。

対するサンラクは自分を脅すとは馬鹿だと言い、アーサーも知ってると答えたのです。

シャングリラ・フロンティア【第10話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「シャングリラ・フロンティア」最新刊の【第10話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年43号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

シャングリラ・フロンティア【第10話】最新話の感想

アーサーはサンラクと刃を交えている経験があるためか、かなりの腕前ですね。

阿修羅会のナンバー2であるとすれば、サンラクよりもレベルが高いはずなのでかなり手強いでしょうね。

 

サンラクはどうやって窮地を乗り越えるのか、気になるところですね。

シャングリラ・フロンティアネタバレ【第10話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はシャングリラ・フロンティア【第10話】最新話の感想も紹介してきました。

「シャングリラ・フロンティア」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =