魔入りました!入間くんネタバレ【第152話】最新話の感想も紹介!アブノーマルクラス、全滅!?

魔入りました!入間くん【第152話】最新話を紹介!

2020年4月17日発売の「週刊少年チャンピオン 20号」魔入りました!入間くん【第152話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回はプルソンが音楽祭に出る条件を述べたお話でしたね。今回の話ではアブノーマルクラスの面々が何故か全滅している、注目の最新話です。

魔入りました!入間くん【第152話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスの『U-NEXT』で今すぐ「週刊少年チャンピオン 20号を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

魔入りました!入間くんネタバレ【第152話】最新話の感想も紹介!アブノーマルクラス、全滅!?

魔入りました!入間くん

ロノウェの仕事

音楽祭まであと4週間に迫っていました。

それ故に生徒会室内でも生徒会長のアメリを中心に大忙しのようでした。

 

アメリは円滑な行事の管理は自分達生徒会長の務めであると言うと、ある者達に1年生の出し物の聞き取り調査を行うように命じました。

命じた者達の正体はロノウェとアンプシーでした。

 

しかし、ロノウェはあっさりとアメリの命令を拒否しました。

その理由は高貴な存在であるロノウェが望むのはゴージャスな業務であり、生徒会の地味な雑務ばかりやらされていたので限界だったのです。

 

おまけに一緒に行動するアンプシーの存在は自分自身の美意識的にアウトであるのも理由の一つでした。

アンプシーは怒っており、ロノウェもやる気なら望むところだと言わんばかりに一触即発の状態でした。

 

その様子を見ていたアメリは無理にとは言わないと言いつつも、これはチャンスでもあるのだとロノウェに言います。

数多くの生徒達の交流は生徒会の花形業務であり、この音楽祭を機にロノウェの名を余り知らない一年生に知らしめるチャンスだと思ってアメリはこのような提案をしたのです。

 

その言葉を聞いていたロノウェは即ち目立つことが出来る好機だと解釈し、さっきまでいがみ合っていたアンプシーを引き連れて出かけました。

わかりやすい奴だと一人になったアメリは呟くと共に、好意を抱いている入間は一体音楽祭で何をするつもりなのかと気になっている様子です。

 

歌でも、劇でも、バンドのどれでも入間がいるならドストライクな様子のアメリ。

それ故にどの入間も捨てがたい様子でした。

やりたい放題

その頃、ロノウェとアンプシーは1年A組へとやって来て、写真撮影は1人6枚までと言い放ったので生徒達は唖然としていました。

アンプシーは自分達は生徒会だと書かれた紙を出したので、生徒達は聞き取り調査なのが分かりました。

 

A組は歌朗読を行う予定であり、魔界にまつわる逸話やお伽噺を歌詞にして歌で物語として伝えるのが主な内容です。

しかもオロバスは美声なので勝算はあると踏んでいました。

 

しかし、ロノウェは地味だと断じました。

もっとパンチが欲しいから声で風船を割ったほうがいいと、物語も地味だから自分を崇める御言葉666選にしたほうがいいと、小物のほかにも沢山のバラを用意したほうがいいと言いたい放題のロノウェ。

 

そして満足したのか、アンプシーと共に別のクラスのもとへと行きます。

B組では劇を行っており、その練習中にロノウェ達が乱入しました。

 

劇自体はいいが、物語の展開が退屈だから魔獣と姫が融合するような激しく見悶える展開が欲しいと言ってやりたい放題のロノウェ。

そしてC組、D組、E組でも好き勝手に振る舞うロノウェ達でした。

全滅のアブノーマルクラス!?

この事は他の生徒会役員はアメリに報告します。

しかし、アメリ自身はそれほど問題視している様子はありませんでした。

 

アメリがロノウェにこの仕事をやらせたのは余り1年生と接していないロノウェのためであり、彼と話したことがない1年生のためです。

それにアメリがロノウェの行動を容認しているのは実力があるからであり、前回の音楽祭では優勝クラスを率いていたからであります。

 

優等生である自分の学歴に傷をつけたロノウェの存在は1年生にはかなりの刺激を与えるはずだと、ロノウェには問題はあるがカリスマ性はあるから彼の影響を受けた1年生の出し物は面白くなるとアメリは確信していました。

その反面、苦情もかなりあるのはアメリは承知の上でした。

 

その頃、ロノウェはアブノーマルクラスの面々がある王の教室(ロイヤル・ワン)へとやって来ていました。

ロノウェは王の教室(ロイヤル・ワン)の別荘にしようとしていて、それをアブノーマルクラスに先を越されたことを少し悔しく思っているようです。

 

しかし、この教室には入間がいるので遊園地(ウォルターパーク)で遊んだ仲故にいいアドバイスを送ろうと教室へと足を踏み入れました。

ロノウェ達が教室に入ると空気は途轍もなく重かったのです。

 

その理由は入間は立ち尽くしており、入間を除く面々はぐったりを倒れこんでいました。

他のクラスは熱気に包まれていたのに、明らかに真逆の空気にロノウェ達は驚きを隠せませんでした。

魔入りました!入間くん【第152話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「魔入りました!入間くん」最新刊の【152話】が掲載されている「週刊少年チャンピオン 20号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

魔入りました!入間くん【第152話】最新話の感想

如何やらアメリは生徒達への刺激と交遊をさせるためにロノウェを送り込んだみたいですね。

交遊の方は不発みたいですが、刺激と言う点についてはアメリの思惑通りになったみたいです。

 

結構扱いづらいロノウェを使って、他の生徒達へ刺激を与えて音楽祭を盛り上げようとしている彼女の手腕は凄いと言わざるを得ませんね。

しかし、問題はアブノーマルクラスのようですね。

 

このような状態になっているのは次回明らかになりそうですね。

恐らくプルソンを目立たせずに活躍させる案を色々考えていたけれど、中々思い浮かばずに絶望しているのだと思います。

 

正直、正常そうなのは入間だけみたいなので彼がロノウェの事に気づいて藁にもすがる思いで自分達の現状を話して、如何にか出来ないか相談する事になるのではないでしょうか。

魔入りました!入間くんネタバレ【第152話】最新話の感想も紹介!まとめ

魔入りました!入間くん

今回は魔入りました!入間くんネタバレ【第152話】最新話の感想も紹介してきました。

「魔入りました!入間くん」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =