ブルーロックネタバレ【第101話】最新話の感想も紹介!新たな選択肢

ブルーロック【第101話】最新話を紹介!

2020年9月23日発売の「週刊少年マガジン 43号」ブルーロック【第101話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は凛と士道の不協和音を見た潔が好機を見つけるお話でしたね。今回の話で新たな選択肢が生まれる、注目の最新話です。

ブルーロック【第101話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年43号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

ブルーロックネタバレ【第101話】最新話の感想も紹介!新たな選択肢

ブルーロック

七星の動き

シュートを決めようとした凛でしたが、士道が割り込んだせいでシュートできず、しかも追加点を決められて4対2にされてしまったのです。

そのせいで大きくもめ始める士道と凛を見ていた潔は、今のプレーは凛は頭で計算してシュートポイントに辿り着いたのだろうけど、士道は直感的に自分がゴールを決められる場所に飛び込んだからぶつかったと思っていたのです。

 

2人とも自分のゴールのためにしかサッカーをしておらず、それ故にここまで登り詰めてきたのだから同じチームで共存できるのかと思う潔。

実際、士道は憤怒の表情をしながら凛に次やったらマジ潰すと言い放ち、凛もまた憤怒の表情をしながら士道にその触覚で確かめてから来いと言い放ちます。

 

潔はこの2人が交わる事はないから、自分が出来る武器は2人を連動させる動きかと思いつつ、あと1点取られたら試合終了だが自分の存在を示すためにはやるしかないと思ったのです。

そして試合が再開され、凛は氷織と共にワンツーパスで攻め上がるも乙夜が凛の前に立ち塞がったので、氷織はパスできませんでした。

 

やりにくいなと思う氷織の耳に、潔の声が聞こえ、自分を使えと言います。

しかし、烏が立ち塞がったので結局烏を突破しないと何も出来ないままかと思う潔。

 

そうしたら七星が潔の近くへと走り出し、潔に凛と士道の動きは天才過ぎて分からないけど、潔の動きならイメージが合うと言ったのです。

七星の動きを見た潔は凛を意識してサポートする自分の動きを読んでサポートするオフ・ザ・ボールだと思い、これならいけると思ったのです。

 

氷織は七星にパスを出し、烏が七星に気を取られているのを見て、烏の死角へと回り込もうとしていたのです。

しかし、烏には読まれていたので今一度反転して交わし、七星からのスルーパスを受け取ります。

士道のシュート

悔しさを露わにしている烏を尻目に、潔はゴールへのビジョンが視えるし拡がると思っていました。

今の自分の位置から見て、ここからのシュートは遠いし、凛へのパスを出そうにも乙夜がいるから高度なパスじゃない限り無理だと思っていたのです。

 

そうしたら士道が突然自分から動き出してボールを貰おうとしたので、潔は今の士道はゴールには背中向きの状態だからワンツーで自分が千切を外して撃つコースを作ると言うポストプレーの動きかと思います。

そして士道との化学反応を起こそうとする潔だったが、士道はナイスアシストと言って相手選手の腕を使って軸を回転させる事で超反転ダイレクトシュートを撃ったのです。

 

見事にゴールが決まり、これで4対3と1点差にしたのです。

喜ぶ士道を見た潔はあの体勢から擦りあげて恐ろしく振りの速いシュートモーションを繰り出すとは、士道とのパス交換を求めた自分が馬鹿だったと思いました。

 

同時に七星が近くにいてくれたから自分の選択肢が広がり、今のゴールが生まれたのも事実なので、潔は七星にお礼を言い、七星は自分がついていけるのは潔だけだからもっと使ってほしいと言ったのです。

潔は新しい関係性は見つかりつつあるから、これで試合にも入ってきたからあとは自分のゴールだけだと思うのでした。

死角

試合が再開され、ドリブルで仕掛ける烏は潔が機能しているのを見て、もう一回潔を抜き去って今度こそ終わらせてやると意気込んでいたのです。

このまま決められたら終わるから何としても奪おうと意気込む潔だったが、凛がやって来て潔じゃ無理だと言い放つと共に、烏の前に立ち塞がって弱い奴しか潰せないのかと挑発します。

 

烏はそういうジャイアニズムは嫌いだし、パワハラで訴えると言いつつも勝負する気満々でした。

潔は自分には眼中に無しかと思っていました。

 

烏は足技で凛を翻弄してから抜こうとするも、凛は引っかかる事なく、烏が手を使おうとするもタイミングよくヒジを上げて弾いて烏の距離感を潰したのです。

これ以上凛と勝負しても埒が明かないと考えた烏は凛を抜くのを諦めて、乙夜へのパスにしようと考え、まずは一旦下がってキープしようとしていました。

 

しかし、その隙を潔が逃さずにボールを奪い取り、烏は自分と凛の死角からボールを取ったのかと驚いており、凛もまた驚きの表情をしていたのです。

そしてボールを奪った潔はここからが反撃だと思って突き進みます。

ブルーロック【第101話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「ブルーロック」最新刊の【101話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年43号」を無料で読むことができます。

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

ブルーロック【第101話】最新話の感想

取りあえず、ボールを奪えてよかったと思いましたね。

潔の言う通り、ここからが反撃開始だと思いますので頑張ってほしいですね。

 

次回は、七星との化学反応を起こして攻め上がるのではないかと思います。

潔はゴールを決めようとすると思いますが、自分をしつこくマークしてくる烏や潔の良い悪いの部分を知り尽くしている千切がいるので、潔一人ではゴールを決めるのは、ここで個人技に関する力を急激に身に着ける以外不可能と言えるでしょう。

 

そこで潔の動きにはついていけている七星の協力を得るのではないかと思います。

七星は潔には惜しみなく協力すると言っていましたので、潔は遠慮なく使うと思います。

ブルーロックネタバレ【第101話】最新話の感想も紹介!まとめ

ブルーロック

今回はブルーロック【101話】最新話の感想も紹介してきました。

「ブルーロック」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + twelve =