トーキョーバベルネタバレ【第17話】最新話の感想も紹介!経験を生かす

トーキョーバベル【第17話】最新話を紹介!

2020年9月9日発売の「週刊少年マガジン 41号」トーキョーバベル【第17話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は西原とひばりが瓦礫の中を強行突破しようとするお話でしたね。今回の話で西原が経験を生かした戦いをする、注目の最新話です。

トーキョーバベル【第17話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年41号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

トーキョーバベルネタバレ【第17話】最新話の感想も紹介!経験を生かす

一か八か

玉森が用意していた瓦礫が西原とひばりの頭上に落ちてくるも、彼らは怯むことなく強行突破を試みます。

この様子を見ていた亀丸はどうしてそんなに戦えるのかと疑問に思っていました。

 

玉森はしつこいなと呟くと、本気で行くと言って更に瓦礫を落としてきたのです。

流石にこのままでは瓦礫に埋もれてしまう状況になってしまったので、西原はひばりに自分に掴まるように言い、怪我したらごめんと一言言ってから彼女をお姫様抱っこすると、瓦礫の中を脱出するかのように手すりを足場にして跳躍したのです。

 

この光景に多くの者達が固唾を飲んで見ており、そして西原はお守りとして用意していたテントという文字が描かれた小石を真下へと投げると、テントが実体化してそれがクッションの役割を果たし、2人はそこへ落下しました。

しかし、落下した衝撃でテントは崩れてしまったので、黒野はもしかしたらと思って表情を曇らせていたのです。

 

しかし、2人は奇跡的に無事であり、西原は大丈夫かというと黒野は涙ぐみながらお前が大丈夫かよと叫び、蘭もまた良かったと言います。

そうしたら後ろから黒いオーラを発しているひばりの気配を感じて、ハッとする西原。

 

ひばりは涙目にながら怒り、テントをクッション代わりにしたとはいえただ運が良かっただけだし、どっか折れていたらお前のせいだと殴りながら言います。

西原は謝りながらテントならここに来るまでに何度か作ったから行けるかと思ったと言ったのです。

経験

まさかの策でここまで来たことに玉森は親指の爪を噛むも、奈月はまだ冷静でした。

奈月は西原の事を褒めつつも、まだ状況は変わっていないし、人質はいっぱいいるし、ぶっちゃけ1人くらい減っても問題ないと強気で言ったのです。

 

しかし、西原の自分の仲間に手を上げたら只じゃ置かないぞと言わんばかりの鋭い目つきを見て、奈月は思わず恐怖を感じました。

そして西原は動き出し、銃を下すように言いました。

 

しかし、沢は黒野に銃を突きつけ、この状況が分からないのかと言います。

黒野は奈月達は仲間を実験体にして天使にしちまうような悪い奴らなんだと言ったのです。

 

奈月は亀丸を近くに引き寄せると、笑みを浮かべながらこれが自分達の本性何だと言いますが、西原はぶっちゃけそんなのはどうでもいいと言わんばかりに銃を下ろせと言います。

奈月はこれ以上近づいたら黒野を撃つと脅しをかけるが、西原はいいから銃を下ろせと言ったので、奈月は近づくなと激高しました。

 

そうしたら西原は悲壮感に包まれた表情をしながら何でだと、バベルに染まらずにまともでいたほうがいいと言ってくれた時はうれしかったし、ここへ来てからやっとよく眠れてご飯も美味しく食べれたからまともでいられたのにと言います。

それを聞いた奈月は何処か思うところがあるような顔をしていたが、沢は何を甘い事を言っているんだ、このバベルではまともでいる事はこう言う事だし、人間はエゴイスティックなものだと言ったのです。

 

そうしたら西原は最終警告だと言わんばかりに銃を下ろせと言ったが、沢は下ろすつもりはありませんでした。

そうしている間に西原が実体化させたテントの中に何かが実体化した気配があったので、奈月はすぐさま沢に西原を撃つように命じたが、沢は何が何だか分からない状態でした。

 

心の中で鳳と戦った際に嫌という程喰らったと呟く西原は、イメージ力は経験値で伸びると言うひばりの言葉と、自分達は戦えば戦う程強くなれるのかもしれないと言うリュウの言葉を思い出していました。

そして恐ろしい表情をしながら西原は覚悟はいいなと言って、爆風という言葉を実体化させます。

 

突然の爆風に奈月達は怯み、西原はリュウの名前を叫ぶとリュウは西原が言いたいことを察して、爆風に苦戦している沢にラグビーみたいなたっう来る攻撃を叩き込み、気絶させることに成功しました。

そんなリュウの姿を見て、西原はナイスと言ったのです。

 

そして亀丸も奈月の元を離れ、自分はまともでいたいし、バベルに染まりたくないし、無事に戻った際に胸を張っていたいと思って包丁を実体化させ、黒野と蘭の縄を切ります。

亀丸は2人に謝ると、蘭は謝らないでと言われ、一ノ瀬を見た蘭は有難うと言うが一ノ瀬は素っ気ない態度を取ります。

不敵

黒野はまた助けられたと言うが、西原はその話は後でと言いつつ、まだ終わっていないと言いました。

見事に形勢逆転されてしまったので、玉森は奈月にどうするのかと聞きます。

 

奈月は意を決したかのように立ち上がると、熱血は嫌いなんだけどなと言ったのでした。

トーキョーバベル【第17話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「トーキョーバベルネタバレ」最新刊の【17話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年41号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

トーキョーバベル【第17話】最新話の感想

本当に形勢的に不利でしたが、西原の到着と経験で全てがひっくり返りましたね。

今回の爆風は非常に助かったので、鳳との死闘はあながち無駄ではなかったのでしょうね。

 

そして奈月が熱血は嫌いなんだけどと意味深な言葉を発しましたが、これがどういう意味を指し示しているのかは次回で明らかになると思いますので、楽しみですね。

トーキョーバベルネタバレ【第17話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はトーキョーバベル【第17話】最新話の感想も紹介してきました。

「トーキョーバベル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =