トーキョーバベルネタバレ【第7話】最新話の感想も紹介!鳳の過去

トーキョーバベル【第7話】最新話を紹介!

2020年6月17日発売の「週刊少年マガジン 29号」トーキョーバベル【第7話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は鳳が手榴弾を投げたお話でしたね。今回の話で鳳の過去が明らかになる、注目の最新話です。

トーキョーバベル【第7話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年29号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

トーキョーバベルネタバレ【第7話】最新話の感想も紹介!鳳の過去

過去

ある日、一人の赤ん坊がこの世に生を受けました。

その赤ん坊は父親ではない祖父の指を掴んで、全然離してくれませんでした。

 

祖父は自分を父親と勘違いしていると言い、赤ん坊の母親は冗談はやめてくださいと笑いながら言います。

そして祖父は赤ん坊に鳳家の長男に相応しい立派な男になるように言ったのです。

 

その赤ん坊こそ、1995年5月5日に期待の眼差しを受けて生まれ落ちた鳳信楽でした。

鳳は元気に育ちましたが、子供らしく玩具で遊んだりしていましたがそれは勉強時間をも忘れ程でした。

 

それ故に祖父に呼ばれ、嫡男であるゆえに立派な男にならないといけないのに、規則を破って勉強時間に遊んでしまうのは立派な男のすることなのかと叱りつけます。

それ故に懲罰として鳳をバケツの中に閉じ込めて蓋をしたのです。

 

閉じ込めてある鳳に祖父は反省して学べと、立派な男になれと言うのでした。

しかし、今の鳳にそんな事を考える余裕なんてなく、ただひたすらに助けてくれと心の中で叫んでいました。

 

そして誰かこの檻をぶっ飛ばしてよと言う考えに行きついてしまいました。

ある日、バケツの中に沢山のネズミを入れると共に爆弾を入れて、蓋をします。

 

そして距離を取って様子を伺っているとバケツは木っ端微塵となりました。

自身が閉じ込められた事が原因で鳳は爆弾研究に傾倒していき、それが彼にとって唯一の生きがいになっていきました。

 

彼の研究に付き合わされて命を落とした生き物にとっては鳳がやっている事は虐殺以外の何者でなかったが、鳳にとっては解放でした。

やがて月日が経ち、爆弾研究も益々進めていく中で鳳は大人になって祖父と同じように自衛官となりました。

 

そしてバベルの塔に仲間達と共に潜入し、行動をしていました。

しかし、仲間達は鳳の事を何を考えているか分からないと、あの無気力と無関心は困るから一度規則を叩き込まないといけないと言っていました。

 

鳳はまたバベルの塔に閉じ込められたので怖がっており、自分に勇気を奮い立たせることで上を見ると、バベルの塔に蓋はありませんでしたので自分は自由の身であると勘違いし始めます。

そこから鳳は暴走していき、仲間の自衛隊員を始末したのでした。

交戦

そして現在に至り、西原とリュウを見つけた鳳は手榴弾を作って投げ、リュウは西原を庇って爆破を受けてしまったのです。

彼は瓦礫の中に埋まっていて、生死のほどは分かりませんが血は流れていました。

 

今の状況が飲み込めずに体を震わせる西原。

この光景を見ていた鳳は吹っ飛ぶ姿が見たかったなと残念そうに呟いており、西原は自衛隊員であることを確認するともしかしたら鳳なのではないかと察します。

 

そんな西原を無視するかのように、鳳は次があるからいいやと呟きます。

そんな中、爆発の音を聞いてひばりと黒野が駆けつけてきました。

 

そしたら西原は来るなと言うと、鳳は得物が来たと言わんばかりに手榴弾を投げる準備を始めます。

そうはさせないと言わんばかりに瓦礫に炎の文字を書いて鳳に向かって投げつける事で、炎が発生して鳳の動きが鈍ります。

 

その間に西原が逃げ出していったので、鳳は炎使いかと忌々し気に言うのでした。

暴走

黒野は未だに驚いている表情で爆弾なんてありなのかと言い、ひばりも迷彩服姿だったと言います。

西原は彼こそが自衛隊の仲間を始末した裏切者の鳳である可能性が高いと皆に言い、蘭はもっと下に逃げないと言います。

 

しかし、西原はリュウが上にいるから駄目だと言い、鳳を倒してリュウを助ける作戦を考えます。

そして鳳は下にいる者達をネズミと評し、爆弾なら何度も自作してきたから問題なく作れると言って袋一杯の手榴弾を作り出して全部の鍵を抜いていったのです。

 

そして鳳は恍惚とした表情をしながら圧倒的自由を謳歌しろと心の中で言って、袋を思いっきりばら撒いたのでした。

トーキョーバベル【第7話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「トーキョーバベルネタバレ」最新刊の【7話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年29号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

トーキョーバベル【第7話】最新話の感想

今回の話で鳳の過去が明らかになりましたが、鳳がこんな風になってしまったのは祖父のせいとしか言いようがありませんね。

祖父からすれば躾のつもりでバケツの中に閉じ込め、そのおかげで鳳は立派な男に育ったと思い込んでいるようですが、立派な男ではなく怪物を育ててしまったのです。

 

爆弾を使って人を平然と始末するような怪物になってしまった鳳はもう命を落とさない限りは止まらないのだと思います。

そして西原達にとっては危機的状況ですね。

 

手榴弾は鍵が抜かれている状態なので、地面に落ちた瞬間に爆発しますし、時間が経ったらすぐに爆発するのではないでしょうか。

盾でも何でもいいから爆弾を防ぐことが出来るものを生成すればいいのですが、イメージがないのでそれも不可能でしょう。

 

西原が炎を生み出しても数が多いので全てを阻止することが出来ず、逃げると言ってもあっという間に袋のネズミにされてしまい、鳳が作る爆弾の数々によってやられてしまうので完全に手の打ちようがありません。

全ては西原が考える打開策に全てがかかっていると言えるでしょう。

トーキョーバベルネタバレ【第7話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はトーキョーバベル【第7話】最新話の感想も紹介してきました。

「トーキョーバベル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 16 =