弱虫ペダルネタバレ【第593話】最新話の感想も紹介!最終局面!

弱虫ペダル【第593話】最新話を紹介!

2020年6月5日発売の「週刊少年チャンピオン 27号」弱虫ペダル【第593話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は壱藤が坂道に宣戦布告するお話でしたね。今回の話でレースも最終局面に差し掛かる、注目の最新話です。

弱虫ペダル【第593話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年チャンピオン 27号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

弱虫ペダルネタバレ【第593話】最新話の感想も紹介!最終局面!

弱虫ペダル

勝負の分かれ目

どちらも譲らない思いを持って自転車を漕ぐ坂道と壱藤。

初心者クラスの1周目を終えてホームゲートに帰って来た時にはほとんど横並びであり、初心者クラスは2周しかしないので次は最終周回でした。

 

レースを見ていた観客は初心者クラスが盛り上がっていて、坂道と壱藤はマジだから最後まで見ていこうと決めたのでした。

そして真剣な表情で漕いでいく2人を応援する観客達。

 

声援を受けながら壱藤は何が何でも勝つと、坂道はこの勝利と自転車を届けると心の中で呟きながら漕いでいました。

そんな彼らの気迫が観客達も感じ取っていました。

 

試合を見ていた観客の一人は大体初心者レースは一人の圧勝であると語ります。

その理由は初心者は実力差が出やすいからレースの出場者の中で抜きんでた実力者1人が全員を置き去りにしてゴールを決めるのがお決まりのパターンだと決まっていたからでした。

 

しかし、レースを見てみると9番のゼッケンをつけている壱藤が圧倒的な実力でぶっちぎっていると聞かされていたので、57番のゼッケンをつけている坂道が追いついている事に驚いている様子でした。

名前も聞いたことがないし見た目も大したことないけど、この初心者レースにはとんでもない伏兵がいたんだと叫ぶ観客の一人。

 

しかし、選手には必ず得意不得意があるからそれを冷静に見極めてオイシイところで出せるかが勝敗を分けると考えているみたいでした。

違い

懸命に漕いでいる坂道と壱藤は残り1周だから持てる力を全て出すと心の中で呟いていました。

最終周回である林エリアに突入した壱藤はここで差を広げようと加速していきました。

 

壱藤は坂道にはないバランス力を武器に、どんどん差を広げていきました。

対して坂道は差をつけられたと思いながらも、テクニックでは壱藤の方が上だと考えているのでそれ程気にしてはいませんでした。

 

しかし、そんな思いとは裏腹に焦りが出始めていたので坂道は自分を落ち着かせると道をよく見て丁寧に漕ぎ、転ばないようにミスをしないようにと自分に言い聞かせながら漕いでいきます。

やがて林エリアが終わり、足が回せるところに出られたので坂道はこの草エリアで引き離された差を一気に取り戻そうと全力で漕ぎ、あっという間に差を縮めました。

 

近づいてきたのに感づいた壱藤は追いかけてくるときの圧は想像以上だと心の中で思っていました。

急いでいるので道を譲ってくれないかと言いながら漕ぐ坂道。

 

対して譲るという言葉はレースの先頭には存在しないと、ロードでは譲ってもらったかと、高い所にある実を誰かがもいでもらってむいて皿に乗せてもらったかと壱藤は叫びます。

詳しくはないがロードはチーム戦だろと、MTBは何時でも一人であり抜きたければ譲るのではなく力ずくで来いと壱藤は言い、最後に全身全霊のプライドを背負って走るのがMTBであり、その辺がロードとは世界が違うと言い放ちます。

 

そんな中、2人はピットエリアを抜けて半周とちょっととなり、超テクニカルコースへと差し掛かりました。

そしたら坂道はロードは最後の一人になれば皆の思いを一人でを背負って戦い、苦しくても辛くても最後まで走り切ってその実を6等分するのだと、一番頑張った人に皆で有難うと言うのだと言うのでした。

懐かしむ手嶋

その頃、千葉県千葉県立総北高校では夏休みなので殆どの生徒がいませんでした。

自転車競技部の部室にはせっかくの夏休みなのにやって来た手嶋がいました。

 

何故来なくてもいいのに来てしまったのかは、自分でも分かっていませんでした。

一応理由としては段ボールの書類を片付けないといけないのだが、それを名目にして名残惜しいのかもと呟いていました。

 

部室に来たのは3日前なのだが、それでもロッカーの色あせたシール、机の汚い傷も妙に懐かしいと呟く手嶋。

そして周囲を見ながら懐かしいなと思いつつ、手嶋は椅子に座りました。

 

手嶋はキャプテンを任された際には嘔吐してしまいそうなくらい辛い日があり、キツイ練習があり、古賀とバトルしたり、準備した1年間の全てが全部いい思い出になっている呟いて机を手の上に置いてなぞります。

そしてつけていた日誌に手を出そうとしていました。

 

正直、金城がいる時は何か突っ込まれるんじゃないかと内心びくびくしていたが、いなくなった後の方がもっと大変だったと語る手嶋。

部室の窓から注がれる日光を手で防ぎながら、部の夏休みが終わったら自分のキャプテンも終わるなと呟くのでした。

弱虫ペダルネタバレ【第593話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「弱虫ペダルネタバレ」最新刊の【593話】が掲載されている「週刊少年チャンピオン 27号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

弱虫ペダル【第593話】最新話の感想

お互いの誇りやプライドがぶつかり合っている状態みたいですね。

観客は得意不徳を見極めながらそこで力を出せれば勝利が見えていると言っていましたが、それもあるとは思いますが坂道と壱藤が持っているであろう絶対に勝つという強い思いと信念が強い方が勝つと思っています。

 

双方とも疲れているのは間違いありませんので、勝利への執念がほんの少しでも途絶えてしまった方がこのレースを勝ち抜く事が出来ないのではないでしょうか。

弱虫ペダルネタバレ【第593話】最新話の感想も紹介!まとめ

弱虫ペダル

今回は弱虫ペダル【第593話】最新話の感想も紹介してきました。

「弱虫ペダル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 11 =