弱虫ペダルネタバレ【第600話】最新話の感想も紹介!勝者は!?

弱虫ペダル【第600話】最新話を紹介!

2020年7月22日発売の「週刊少年チャンピオン 34号」弱虫ペダル【第600話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は壱藤がラストスパートをかけたお話でしたね。今回の話で勝者が決まる、注目の最新話です。

弱虫ペダル【第600話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年チャンピオン 34号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

弱虫ペダルネタバレ【第600話】最新話の感想も紹介!勝者は!?

弱虫ペダル

必死

ゴールを目指して懸命に自転車を漕いでいく壱藤と坂道。

見ていた観客は来たぞ、まだ差は埋まらない、どっちも頑張れと言って応援している様子でした。

 

そんな中、先頭を走っている壱藤はゴールまで残り50mにまで迫っていました。

残り距離はもうない中、壱藤は何とかこのまま逃げ切ろうと、坂道は何とか一藤を抜き去ろうと息を切らしながら必死に漕いでいました。

 

それでも坂道は懸命に漕ぎ続けていたせいか、僅かながら距離を詰めていました。

実況では坂道は追いつけるのか、壱藤が逃げ切るのか、その差は8mだと言います。

 

その実況を聞いたのか、壱藤はフゥオオオオと言って懸命に漕ぎ始めました。

ゴールストレートに入ったので、観客達は両者を応援しており、鈴音、吉丸、雉は事の成り行きを見守っていました。

 

坂道は叫びながらあと少しだと思って漕いでいき、壱藤は追いつかれてたまるかと心の中で呟きながらフォオオと叫びます。

坂道は体中が悲鳴を上げて痛いし、足が砕けそうだと思っていました。

 

壱藤は胸がきつくて、心臓がブン取れそうだと思っていました。

そして残り40mとなり、差は7mになっていました。

ダンシング

自転車を漕ぎながら坂道はこれがMTBの戦いであり、一人での闘いでもあるから誰も助けてはくれない、きつかったら足を止めればいいし、自転車を降りればいいと弱音を心の中で言い始めました。

それでも坂道は漕ぎ続けました。

 

それはレース前にこの自転車を貸してくれた雉から1番最初にゴールに頼めるかと約束していたからでした。

それ故に自分がゴールに自転車を届けないといけないんだと思って自転車を漕ぐ坂道。

 

その強い思いの表れか、坂道はダンシングの姿勢になって一気に差を埋めにかかりました。

この事に吉丸と鈴音は驚いている様子でした。

 

その理由は坂道がスタートの砂利区間でダンシングが苦手な事に気づいていたからでした。

鈴音はここで立ってしまったら差をつけられると言うと、その通りだと言わんばかりに吉丸は座るように坂道に言うも今の坂道の姿を見て、前言撤回してそのまま行けと言うのでした。

 

その理由は初めの頃は下手だったダンシングが普通に出来ていたからでした。

鈴音もこの光景を見て興奮しており、吉丸はこの2周目のレース中に色んなセクションを必死で走ろうとしている間にちゃんとしたダンシングが出来るようになったのではないかと感じていました。

 

鈴音はその事に気づいていないのか、吉丸に坂道は途中出来るのが分かっていてここまで溜めていたんじゃないかと言うと、吉丸はそれは違うと否定します。

吉丸の目から見て、坂道はそんな器用な真似ができる選手ではないと考えており、只必死で一つの目的のために全力を出して走っているからきっと今ダンシングしている事も意識にないはずだと言います。

 

そのダンシングのおかげで、坂道は壱藤との距離を2mにまで縮め、ゴールは残り10mにまでになっていました。

勝者

坂道が来ている事に気づいた壱藤は来るんじゃねぇよ、坂道はもう表彰台に上がっているんだろう、自分にはこれしかないんだと心の中で言うと、目の前のゴールに果実があるように見えていました。

目の前に果実がある、坂道に対して自分は彼よりも前にいると言うのは間違いない事である、絶対にやってやるし、追いつけさせはしないし、誰にも果実は渡さないと心の中で叫ぶ壱藤。

 

対する坂道は何としてもこの自転車を雉に届けたいんだと心の中で言うのでした。

そして懸命に自転車を漕いでいく2人。

 

壱藤は懸命に自転車を漕いでいく中、壱藤の自転車がゴールラインを割ろうとしていたので、内心勝ったと思う壱藤。

この光景を見ていた観客は盛り上がっており、吉丸、鈴音、雉は驚いていました。

 

それは坂道が追いついて、最後の最後で勝ったと思ってガッツポーズしている壱藤を抜き去って逆転してゴールしたからでした。

壱藤からすれば、あと少しで届いたはずの果実を掴み損ねた状況でした。

 

こうして優勝したのは坂道でした。

弱虫ペダルネタバレ【第600話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「弱虫ペダルネタバレ」最新刊の【600話】が掲載されている「週刊少年チャンピオン 34号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

弱虫ペダル【第600話】最新話の感想

結構苦しかったですし、坂道にとっては大変で辛いレースになったと思いますが、それでも勝利する事が出来て良かったです。

対する壱藤ですが、正直言って余計な事をしたなと思いましたね。

 

彼はゴールラインが近づいた際に、勝利したと確信してのガッツポーズをしていましたが、それが油断に繋がったのだと思います。

坂道がダンシングをしてまで、自転車を漕いでいた事を壱藤走っていたはずですので、ここはガッツポーズせずに、ゴールを意識せずにただひたすらに漕いでいれば良かったのではないでしょうか。

 

それ故にガッツポーズなんて余計な事をしてしまったがゆえに、最後の最後で坂道に抜かれてしまったのではないでしょうか。

次回は勝利した坂道が表情台に登る前に、雉の元へと行き、自転車を返して約束を果たしたと言うと思います。

 

元々坂道は雉から自転車を借りていて、1番に返すと約束をしていたのでその約束を守るために自転車を返すのだと思います。

弱虫ペダルネタバレ【第600話】最新話の感想も紹介!まとめ

弱虫ペダル

今回は弱虫ペダル【第600話】最新話の感想も紹介してきました。

「弱虫ペダル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 6 =