弱虫ペダルネタバレ【第602話】最新話の感想も紹介!坂道の決断

弱虫ペダル【第602話】最新話を紹介!

2020年8月7日発売の「週刊少年チャンピオン 36・37合併号」弱虫ペダル【第602話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は坂道が9月のレースに出ろと壱藤に言われて困っていたお話でしたね。今回の話でどうするかを決める、注目の最新話です。

弱虫ペダル【第602話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年チャンピオン 36・37合併号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

弱虫ペダルネタバレ【第602話】最新話の感想も紹介!坂道の決断

弱虫ペダル

決断

壱藤と別れた坂道でしたが、彼が言っていた9月のレースの事を関係者がレース会場を鉄橋する光景を見ながら考えていました。

MTBについて全くと言っていいほど詳しくない坂道は暫く考えていると、今回自分と壱藤が出場したレースが第7戦である事に気が付きました。

 

奥筑波ステージって言っていたしシリーズ戦なんだ、第8戦とか第9戦もあるからそれが9月の埼玉なんだと坂道は思っていると、壱藤が次のレースが9月の埼玉だから勝ち逃げは無しですよと言っていたのを思い出します。

そして表彰状を見て、勝ち逃げしてしまっては壱藤に申し訳ないんじゃないかなと一瞬思う坂道だったが、一つの決断を下して雉、吉丸、壱藤、鈴音にもちゃんと伝えないといけないと思って動き出しました。

 

皆には親切にしてもらったし、特に雉には2度も自転車を貸してくれたのも恐らく自分にMTBの世界の良さを知ってもらいたいし、魅力を伝えたかったんだと思うし、自分にMTBの世界に入っておいでって誘ってくれたんだと思って走る坂道。

そしてさっきまで雉達がいた場所へとやって来るが、既に誰もいなかったので駐車場に行ってしまったのかと思い、走り出しました。

 

自分もアニメや漫画、自転車の事を知ってほしいと思うから分かると心の中で思いながら走る坂道。

別れ

そして坂道は何とか雉と吉丸を見つけると、ちゃんとMTBは面白かったけど自分は総北の自転車部に戻ると言おうと心の中で決意してから2人にお礼を言い、本題を言おうとします。

その前に雉が9月のレースに出るのかと言ってしまったので、坂道は言うタイミングを失ってしまったのです。

 

さっきのレースも凄かったし、MTBのインターバルのかかるような連続した登りが得意なヤツが強いし、最初の峰ヶ山での坂道の走りを見た時にもしかしてと思って走らせてみたら思った通り強かったと言う雉。

その間にも坂道は本題を言おうとするも、さっきのレースも壱藤が手を挙げていたから勝ったとされたがそうでなくても坂道が勝っていた可能性もあるくらい加速が伸びていたから9月のレースには出た方がいいと言う雉の声に押されてしまいます。

 

そして雉はそう言おうとしたんだけどねと言ったので、坂道は呆気に取られてしまいます。

雉は坂道にロードの2連覇チャンピオンなんだってと言うと、坂道はあれは自分はただ指示通り走っただけで、凄いのはチームの皆と謙遜します。

 

吉丸もそんな態度だから鈴音に言われるまで気づかなったし、もうちょっとオラオラしても良かったんじゃないかと言います。

雉は坂道がそんな凄い選手だったとは知らなかったと言うと、吉丸は雉はロードについて興味がないからだろうと突っ込んだのでした。

 

坂道は雉に自転車を貸してくれた事にお礼を言い、雉は最後は上手にバランスとって乗れてたと言い、吉丸もゴールまでダンシングしてたと言ったが、無意識でしていたのか坂道は驚いたのでした。

雉は坂道に、これからはロードのレースの世界に戻るんだねと聞くと坂道は真剣な顔ではいと返事します。

 

そうしたら雉はロードはどんなところなのかと聞くと、坂道は説明に困りますが今度は雉の方から来てくれれば、自分が案内すると言いました。

雉はかけていたサングラスを外して、MTBは楽しかったかと坂道に聞くと坂道は明るい表情をしながらはいと言いました。

 

そしてそろそろ帰る時間となり、坂道はライトを持っているから自力で帰ることにしました。

吉丸は鈴音が坂道が来ないことを知ったら怒るだろうなと呟き、雉は壱藤には自分の方から伝えておくと坂道に言います。

 

そして坂道は自転車に乗って去るのでした。

夜になり、坂道は満身創痍なので余りスピードを出して走る事こそできなかったが、それでも今回の経験は糧になり、とても楽しかったので苦ではありませんでした。

 

その頃、雉は父親の車に乗って自宅へと向かっていて、父親に坂道から貰った千葉銘菓ピーナッツくんサブレを見せると、父親は美味そうと口にします。

それにキーホルダーも貰ったので、車に飾る事にしました。

 

その頃、吉丸は鈴音に坂道が出ないことを伝えると、予想通り鈴音は怒りだしてしまったので何とか宥めようとするのでした。

終了

そして坂道は何とか家へと辿り着き、夕食の時に母親に今日のレースの事を報告していました。

しかし、昨日のレースで無理が祟ったせいで、坂道は体中がとても痛くて起き上がる事も出来なかったので寝て過ごす事にしました。

 

その次の日、溜まったアニメを全部視聴し、夕方には寒咲の店に行って自転車を診てもらったのです。

こうして坂道にとって短い夏休みは終わりを告げました。

弱虫ペダルネタバレ【第602話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「弱虫ペダルネタバレ」最新刊の【602話】が掲載されている「週刊少年チャンピオン 36・37合併号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

弱虫ペダル【第602話】最新話の感想

短い夏休みでも、坂道にとっては非常に濃い夏休みだったのではないかなと思います。

今回、MTBに参加して得られる事が出来た経験を、後々どのように昇華していくのか楽しみです。

 

次回からは自転車部が集まって、次の大会に向けての練習をするのではないかなと思います。

弱虫ペダルネタバレ【第602話】最新話の感想も紹介!まとめ

弱虫ペダル

今回は弱虫ペダル【第602話】最新話の感想も紹介してきました。

「弱虫ペダル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =