弱虫ペダルネタバレ【第590話】最新話の感想も紹介!追いついた坂道

弱虫ペダル【第590話】最新話を紹介!

2020年5月15日発売の「週刊少年チャンピオン 24号」弱虫ペダル【第590話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は坂道が雉のアドバイスの真意を理解したお話でしたね。今回の話で坂道はある方法で壱藤に追いつく、注目の最新話です。

弱虫ペダル【第590話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年チャンピオン 24号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

弱虫ペダルネタバレ【第590話】最新話の感想も紹介!追いついた坂道

弱虫ペダル

アニメ曲

雉の何もないというアドバイスを一人で戦えという意味だと捉えた坂道は歌を口ぐさみ始めました

歌を歌いながら自転車を漕いでいくが、同時にかなり苦しい状態のはずなのに歌詞が不思議と頭に浮かんでくる状態になる坂道。

 

ロードバイクの時みたいに脚を速く回せないからゆっくり一踏みずつ前進していく坂道は同時に歌もスローテンポな曲の歌を歌っていました。

坂道が脳内で思い浮かべていたのはアニメの「ラブ☆ヒメ」1期目の第8話「うらぎは月が恋しい」の中のBパートでした。

 

そのBパートでは主人公の姫野湖鳥が最後に親友の読歌ナナと2人きりになってそれまで明るくて天然キャラだったナナの壮絶な過去と胸中が明かされる内容だったのです。

その時に一曲のBGMが流れたのだが、そのBGMは「ラブ☆ヒメ」のオープニング曲である「恋のヒメヒメ ぺったんこ」のスローテンポなバラードバージョンでした。

 

その曲を口ぐさみながら前へ前へと前進していく坂道。

曲を歌うと同時に自転車を漕ぐ状態も安定し始めたのか、少しずつ壱藤に追いつこうとしていました。

 

この事に壱藤は思わずゾクッとしてしまい、先程よりも自分に近づいていると恐怖にも近い感情を覚えていました。

しかし、壱藤は首を何度も振ってから自転車を漕ぎ始め、自分自身に落ち着くように言うと自分の方が大きくリードしていると言い聞かせます。

追いつく

山頂の登り切りまでもう200mもなく、緩いコーナーが2つあるだけで壱藤は自分が先に下りに入ればバランスが悪い坂道の走りでは自分に追いつく事は不可能だと思っていました。

そして坂道は最後の無理をして自分に張り付いてきているだけだと考える壱藤。

 

心の中で心を乱してしまっては走りも乱れるから落ち着けと、坂道は素人で転んで雉からも何もないと言われたのだから敵ではないと、相当無理をしているから息を上げて追いついてきているはずだと考える壱藤。

そんな坂道の乱れた息遣いを壱藤は耳を澄ませて聞くと、意外とリズミカルだと最初は思っていたが息遣いの間に何かを言っているに気づきました。

 

坂道は歌を歌っているだけなのだが、その事を知らない壱藤は呪文を唱えているように聞こえており、自分を呪うつもりなのならやめろと心の中で叫びました。

途切れ途切れに坂道が歌詞の一部であるラブリー、チャンス、ペタンコチャンと呟いていくのを耳にして再びゾクッとする壱藤。

 

そしてコーナーを曲がった壱藤は最初は聞き違いかと思っていましたが、冷静に考えた結果やっぱり坂道はこの坂でうっすらと笑いながら鼻歌を歌っている事に気づきました。

更に坂道はどんどん距離を詰めていき、寄せてきた事に驚愕していました。

 

坂道は「ラブ☆ヒメ」のオープニング曲である「恋のヒメヒメ ぺったんこ」のスローテンポなバラードバージョンは劇中のエピソードと相まってサントラCDⅡにフルバージョンが収録されていて自分も大好きな1曲だと言います。

しかし、その事が何なのかが理解できない壱藤は訳分からないことを言うなと叫びました。

 

対して壱藤は吠えろメリダと自転車のメーカーの名前を叫んで再び坂道を突き放しました。

そしてこの加速で今度こそ諦めたかと思った壱藤でしたが、坂道が自分と並んでいたことに壱藤は驚愕します。

 

両者が山頂を登り切るまで残り80mまでに迫っており、この様子を見ていた記者達は驚いた表情をしており、雉も驚きの余りサングラスを外すとどうやって追いついたんだと、あとで聞こうと心の中で思っていました。

そしたら壱藤は並んでねぇよと叫びながら再び加速して引き離そうとしていました。

 

しかし、そんな壱藤の思いとは裏腹に自転車の漕ぐスピードが先程よりもとても重く感じ始めていました。

それ故にほんの少ししか坂道を引き離す事が出来ませんでした。

驚愕!

登り切りまであと50mに差し掛かっており、壱藤を坂道が追っている状況になっていました。

余りの坂道の追いつきっぷりから壱藤は坂道は自転車に何かずるいモノを仕込んでいるのではないかと思って彼の自転車を見ると驚愕な表情をしていました。

 

自転車の色、傷、形は紛れもなく雉の自転車であると確信する壱藤。

そんなこんなで初心者クラス先頭の2人が泥の登りを登り切って、両者は並んだ状態になります。

 

そして壱藤は坂道に何で雉の自転車に乗っているんだと叫んだのでした。

弱虫ペダルネタバレ【第590話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「弱虫ペダルネタバレ」最新刊の【590話】が掲載されている「週刊少年チャンピオン 24号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

弱虫ペダル【第590話】最新話の感想

まさか歌を使って追いつくとは驚きましたね。

雉もどうやって追いついたのか気になっていましたが、後でそのことを知ったら驚くんじゃないかなと思いますね。

 

次回は熾烈なデッドヒートが行われますが、坂道が抜くのではないでしょうか。

坂道からしたら苦労してようやく追いついたので、ここからは先程みたいに引き離されないように頑張っていくのではないかと思います。

 

対して壱藤は坂道が乗っている自転車が雉のものだと気づいたので、坂道に対して自転車を漕ぎながら食って掛かるのではないかと思います。

しかし、それによって心が大きく乱れて集中力を欠く可能性があるので、そこを坂道が突いて抜くのではないでしょうか。

弱虫ペダルネタバレ【第590話】最新話の感想も紹介!まとめ

弱虫ペダル

今回は弱虫ペダル【第590話】最新話の感想も紹介してきました。

「弱虫ペダル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 19 =