皆殺しのアーサーネタバレ【第29話】最新話の感想も紹介!カドル王、登場!

皆殺しのアーサー【第29話】最新話を紹介!

2020年5月25日発売の「週刊ヤングマガジン 26号」皆殺しのアーサー【第29話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回はランスロットとグウィネヴィアが男女の仲だったお話でしたね。今回の話でカドル王が登場する、注目の最新話です。

皆殺しのアーサー【第29話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊ヤングマガジン 26号を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

逢瀬

その夜、ランスロットはグウィネヴィアと会って行為を行い、それも終わりを告げました。

ランスロットは服を着替えて去ろうとしていました。

 

その理由はアーサーが現在不在とはいえ、誰にこの状況を見られているか分からないからでした。

そしたら見られた場合は即座に始末すればいいのと、可愛い顔して恐ろしい事を言うグウィネヴィア。

 

それはランスロットがとても強くて、負けない存在であることを知っているからでした。

グウィネヴィアはランスロットに自分に出来ることはないかと聞くと、ランスロットはお礼を言いつつ、体を大切にするように言いました。

 

その理由は、今のグウィネヴィアのお腹の中にはお世継ぎの子がおり、身ごもっているからでした。

そして去ろうとするランスロットにグウィネヴィアは自分出来る事があれば何でもするから何でも言っていいと、ランスロットの成功を心より祈っているというのでした。

新たな任務

その頃、ブリテン島南部沿岸にあるトトネスの港に向かう複数の船が浮かんでいました。

指揮をしているのはサクソン人の王であるセルディックでした。

 

セルディックはこれ以上ウォーデンを失望されられないと呟いていました。

セルディックの傍にはコルグリヌスもおり、グロスタシア城を守ることが出来なかった事を謝罪しました。

 

しかし、セルディックは一切気にしておらず、モルドレッドとの戦いで命を落としたバルドゥルフスの事を残念に思ったと、間に合わなかった自分にも非があるとコルグリヌスの事を一切責めませんでした。

コルグリヌスはアーサーは余りにも強いのは間違いないが、五日は倒さなければならない敵でもあると言います。

 

セルディックは言いたいことを理解しつつも焦らなければ何時か好機が訪れるから、今は自分達に出来る事をしていこうと言うのでした。

一方、モルドレッド達ランスロットの部下達はランスロットの元に集結していました。

 

ランスロットは三日前、アーサーが東部戦線に向けて旅立った矢先にサクソン人がブリテン島南沿岸部の町であるトトネスの港が襲われたと伝えます。

そして敵兵を率いているのはセルディックとコルグリヌスである事を伝えるとモルドレッド達は驚きます。

 

クロウは尻尾撒いて逃げたかと思ったが懲りない奴らだなと言い放ちます。

そもそもトトネスはアーサーの領地ではありません。

 

しかし、ランスロットはセルディックはトトネスを足掛かりにして南部の領土拡大を狙っていて、グロスタシア城を奪われた代わりの一手を打ってきたと推測していました。

地図を皆に見せながらトトネスを拠点にするのなら次にセルディックが狙うのはガドル王が狙うダートムーアであると言うランスロット。

 

話を聞きながら地図を見ているランスロットはエクスターにも近いなと思っていました。

ランスロットはセルディック達が動くまでにはまだ猶予があると思うが、ロンディニウムを攻める間は背後の敵の動きにも気を配る必要があると言いました。

 

そしてクロウ達が去っていき、ランスロットとモルドレッドだけとなりました。

ランスロットはモルドレッドの心情を読み切っており、極秘任務としてガドル王を自分達に従わせるようにしてほしいと頼みました。

 

ガドル王はコーンウォールとドゥムノニア南部のブリトン人と同盟を結んで総勢八千の兵を纏め上げており、これまでもアーサーが従うように命じるも従いませんでした。

しかし、今はセルディックがトトネスを攻めたことを知っているはずであり、窮地に立たされているはずだから交渉の余地があるとランスロットは踏んでいました。

 

しかし、モルドレッドはロンディニウムに行きたいと思っていましたがその考えもランスロットに読まれており、あそこに行っても大した手柄はないと言います。

それならカドル王の協力を得られれば、王は確実に喜びになると共にもし成功すればエクスターの守備を任せるつもりだとランスロットは言います。

 

これは一度捨てたとはいえ、モルドレッドの故郷には変わりないのでランスロットが気を利かせたのです。

それでも何か企んでいるのかと思っているモルドレッド。

 

しかし、ランスロットは今回は何としても成功したいから自分の指示に従えと、ロンディニウムの戦いは七日間で終わるからその間に結果を出すように言い残して去りました。

カドル王

その頃、サクソン人の子供が負傷している父親を心配していました。

そこへブリトン人の大軍が現れたので、子供はナイフを手にして襲い掛かります。

 

そしたら先頭の男がナイフを剣で弾くと共に、子供を抱きかかえて他のブリトン人に城へ運ぶように命じました。

子供は如何して助けるのかと聞くと、男は守りたい者がいる人間はダートムーアに入る資格があるからだと答えます。

 

そして子供に人を恐れる者は人を遠ざけると、それをするアーサーは弱いと言い放つ男こそガドル王でした。

皆殺しのアーサー【第29話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「皆殺しのアーサー」最新刊の【29話】が掲載されている「週刊ヤングマガジン2020年26号」を無料で読むことができます。

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

皆殺しのアーサー【第29話】最新話の感想

ガドル王が初登場しましたが、鬼の如き強さを誇るアーサーを弱いと言い放つのはかなりの胆力だなと思いましたね。

ガドル王がアーサーに従わないのは、理想が違うからなのでしょうね。

 

そんな彼を相手にモルドレッドはどう説得するのか、楽しみです。

皆殺しのアーサーネタバレ【第29話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回は皆殺しのアーサー【第29話】最新話の感想も紹介してきました。

「皆殺しのアーサー」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + nine =