ボーンコレクションネタバレ【第13話】最新話の感想も紹介!圧倒!

ボーンコレクション【第13話】最新話を紹介!

2020年8月3日発売の「週刊少年ジャンプ 35号」ボーンコレクション【第13話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は九尾がるぅなを連れ去ったお話でしたね。今回の話で強化されたカザミと白羅が活躍する、注目の最新話です。

ボーンコレクション【第13話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年ジャンプ 35号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

ボーンコレクションネタバレ【第13話】最新話の感想も紹介!圧倒!

妖怪達

陰陽師50数人が妖獄島着港直後、九尾の手によって数人が命を落としてしまいました。

そして九尾はるぅなを連れ去り、彼女の中にある自分の力を引き抜くために最上看守塔に籠城を開始し、配下の妖怪達は5つの管制塔を占拠して防御システムを作動させました。

 

阿部は燦と共に行動をしながら、まずは管制塔にいる妖怪を始末する方が先と言います。

九尾の口ぶりからるぅなにある力を抜くには時間がかかるはずだから、その前に妖怪達を始末すると言う阿部。

 

しかし、5体いるので自分と銀々で2体倒してもまだ3体あるから時間があるからそれがネックだと阿部は言います。

それに先走って塔へと向かってしまったカザミと白羅が妖怪を倒せるという保証もないので、そこも阿部にとってはネックでした。

 

話を聞いていた燦はこうなってしまったのは自分のせいだと呟くと、先走ってしまいました。

阿部は今の燦は自分が近くにいないと命を落としてしまうと言って後を追おうとするが、突如として動きが止まってしまったのです。

 

阿部の後ろにはAランク妖怪であり漠千手がおり、彼は自分の前では全ての動きが停止するから、これから自分は阿部を自由に始末する事が出来ると豪語します。

阿部は何とか顔を漠千手の方を向けると、ここはあんぽんたんしかいないのかと言いました。

苦戦する燦

その頃、燦はるぅなを救うために突っ走っていましたが誰かが助けを求める声がしたので、そっちへ向かうと異様な風景を見て、唖然としていました。

Aランク妖怪には2種類に分類され、1種類は酒吞童子のような殺戮能力が高い個体に当たり、もう1種類は殺戮能力に加えて異能の能力を持っていました。

 

まさに燦の目の前にいる猿しばいは猿の人形をマリオネットのように操って、陰陽師を始末していました。

燦の存在を確認した猿しばいは餌がやって来たと言いつつ、何級かと尋ねると燦はそこをどけと言います。

 

そうしたら猿しばいはそう言う事を言う人は大体小物だから不味そうと言いつつも、食後のデザートだと思えばと言って猿の人形を操って差し向けたのです。

対する燦は猿の人形を的確に倒していき、踏みつけてジャンプすると雷を落として黒焦げにします。

 

しかし、猿しばいはやるじゃないと言いつつ、まだメインディッシュには程遠いと言って猿の人形を次々と差し向けていきます。

燦は何とか対応していくも、るぅながいないので妖怪術が使えないので勝ちきれず、苦戦を強いられていたのです。

 

それだけじゃなくるぅなをここへ連れてきてしまった事で、このような事態になってしまった事に自責の念を抱いており、自分が蒔いた種を自分で後始末しようとしていました。

主役登場

そんな中、カザミと白羅が駆けつけて猿の人形を瞬く間に撃破しました。

燦は何処で何をしていたんだと聞くと、2人は管制塔に行って2体の妖怪を倒したと言います。

 

実際、2体の妖怪が倒されており、その事を知った燦は思わず息を飲みます。

同じく話を聞いていた猿しばいは歯応えがありそうと思って何級なのかと聞くと、カザミは下級と言ったので猿しばいは心底がっかりしたような表情をします。

 

猿しばいは猿の人形達が味のないガムをずっと噛まされ続けている事が可哀そうだとは思わないのかと言いつつ、いい加減四天王クラスのメインが食べたいんだと言って襲い掛かります。

対するカザミと白羅は次々と猿の人形を破壊したので、猿しばいと燦は驚愕の表情をします。

 

妖力強化は白羅まで戦えるから凄いと言うカザミ。

白羅は今までは半分人間となってたので自分自身の妖力を引き出せないので、戦えませんでした。

 

しかし、今は妖力強化でカザミを経由して白羅に妖力を付与する事でカザミの妖力として消費できるので白羅も戦えるのです。

アチョと言いながら猿の人形を潰す白羅に驚く燦。

 

カザミ曰く今の白羅は久しぶりに戦えるし、気が立っているからかなりエネルギッシュになっているとの事です。

猿しばいは泣きながら壊し過ぎじゃないか、猿の人形を作るのに何日かかると思っているのか、最低でも10日かかると訴えたがそんなの知るかと言わんばかりに白羅は撃破しました。

 

そして九尾は妖怪がやられた気配を感じたのか、まだ分離できてないのにどいつもこいつも不甲斐ないし、時間稼ぎにもなっていないと呆れていました。

残る妖怪も阿部や銀々によって撃破されました。

 

これによって防御システムも解除され、白羅は燦にるぅなはこの自分が助けるから何時まで責めていないで九尾の元に行くぞと励まします。

燦は小さな声で有難うと言うと一緒に向かいますが、カザミは自分だけ出番が少ないかと言うのでした。

ボーンコレクション【第13話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTならボーンコレクションネタバレ【第13話】が掲載されている「週刊少年ジャンプ 35号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

ボーンコレクション【第13話】最新話の感想

圧倒的だったなと思いましたね。

説明ではほぼ全員がA級の上位クラスの実力者ばかりだったのに、カザミと白羅だけで半数を倒したのですから、凄いなと思いましたね。

 

残りは九尾だけとなりましたが、皆が迫っていると知って九尾が強引に引き抜くと言う手段に出るんじゃないかと不安ですね。

ボーンコレクションネタバレ【第13話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はボーンコレクションネタバレ【第13話】最新話の感想も紹介してきました。

「ボーンコレクション」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =