アルキメデスの大戦ネタバレ【第217話】最新話の感想も紹介!反発する山本!

アルキメデスの大戦【第217話】最新話を紹介!

2020年5月18日発売の「週刊ヤングマガジン 25号」アルキメデスの大戦【第217話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は大和売却の話がついに出たお話でしたね。今回の話で山本が大和売却に反対する、注目の最新話です。

アルキメデスの大戦【第217話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊ヤングマガジン 25号を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

アルキメデスの大戦ネタバレ【第217話】最新話の感想も紹介!反発する山本!

追及する東條

再び会議が始まり、牟田口は大和を売却するのが最後の条件だとはっきり言います。

続けて現在海軍が建造中の大和を米国に30億ドルにて売却すると説明する牟田口。

 

海軍サイドは突然軍艦を売却すると言われ、山本、嶋田、吉田はかなり困惑している様子でした。

我に返った山本は改めて櫂に売却する軍艦はあの大和かと尋ねると、櫂は迷うことなくそうだとはっきり言い放ちました。

 

山本は軍艦大和はハワイ攻撃計画の要となる軍艦だと踏んでいるので、もし大和を手放してしまっては大きな戦力を失ってしまうだけでなく、先程考えたハワイ攻撃計画が白紙となってしまうと考えていました。

それ故に勝手にこのような事をした櫂に対して内心怒り心頭のようです。

 

山本がそう思っているとは知らない櫂は11月6日に日米和平協議の最終交渉の場において自分から提案しましたと言います。

そして米国のハル国務長官に一般艤装図と写真を開示した上で、日本で建造中の超大型戦艦を30億ドルにて売却可能であると提案したと説明します。

 

話を聞いていた枢密院議長の近衛文麿は米国が30億ドルの言い値を呑んだことに驚いているようでした。

しかも今の為替で換算すると127億5000万円になるので、内閣総理大臣兼予備役海軍大将の阿部信行は我が国の昨年度歳出の約3倍だと驚いている様子でした。

 

ここまで静観していた東條は遂に口を開くと共に、金銭の問題ではなく国家の存亡を論じないといけないとまず言います。

そして櫂に戦艦の一般艤装図と写真を開示したと言ったがそれは国外に持ち出した事になるがと聞くと、櫂は自分が独断で行った事だとはっきり言いました。

 

それを聞いて聞き捨てならないと声を荒げる東條。

東條は建造中の大和の一般艤装図と写真は最高機密の軍機に属すると、それを誰の許可もなく国外に持ち出し、敵になるかもしれない国に見せることで情報漏洩した事は紛れもなく軍機保護法違反であり、国家を裏切る犯罪行為だと罵ります。

 

これはどう足掻いても言い逃れをすることが出来ない上に、この罪は間違いなく極刑に値するものだと言い放つ東條。

そして矛先を海軍サイドに向けてこの不法行為を海軍は如何受け取るつもりだと言います。

 

吉田は勿論調査したうえで厳正に対処するつもりだと言います。

東條は先程の話し合いで自分と同じように櫂を糾弾した嶋田にも彼を今一度糾弾してもらおうと思っていましたが、彼は何故だか沈黙を貫いていました。

 

頼りにならないと考えた東條は矛先を優雅に煙草を吸っている牟田口に向け、何故この事を黙って見過ごしたのかと問い詰めて彼を驚かせます。

更に牟田口も櫂と同罪だと言い放ったので、牟田口は大いに慌てます。

説明する櫂

そんな中、櫂が説明しようとするも東條は発言権はないと断じます。

しかし、近衛は何故櫂がこのような事をした意図が分からないと判断できない上に、これが軍機保護法違反を犯してまでこのような事をしたのには余程の理由があると言って発言する事を許します。

 

東條は納得してないが一先ず黙り、櫂はお礼を言って説明します。

櫂は大和の一般艤装図と写真を米国の要人に見せたのだから軍機保護法違反に当たると言いつつ、建造中の大和の一般艤装図と写真は軍事機密に当たるのかと尋ねます。

 

櫂は大和は進水も終えて現在も工事中であり、しかも造っている状態を隠すのは不可能だから隠さない状態で造っているため、米大使館はスパイを放って情報を得ているから漏れているも同然だと言います。

対して東條はそれを理由に法を犯した事をないものにするなと、言い逃れするなと反発します。

 

櫂は裁きを受けろと言うのなら堂々と受けるが、全ては日米和平合意を成立させて戦争を阻止する事であり、日米両国に恒久平和を築けるのならこの命は惜しくないと言い切りました。

この事に全員が唖然とし、近衛は軍機に関する事は後にして説明を優先させる事に決めました。

拒絶の山本

櫂は続けて説明しようとしたら、山本は説明する前でもなく連合艦隊司令長官として大和売却は断固拒否すると意思表示し、東條も内心でいいぞと思っていました。

山本からしたらこれまで櫂を少なからず支えてきたのに、今回の一件はこれまで良くしてきた恩を仇で返す事であり、裏切り行為でもあると思っていました。

 

それ故に櫂がそのつもりなら自分は意地でも大和売却を阻止する構えでした

対して櫂は山本は一体どうしたのかと内心思っていました。

アルキメデスの大戦ネタバレ【第217話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「アルキメデスの大戦」最新刊の【217話】が掲載されている「週刊ヤングマガジン2020年25号」を無料で読むことができます。

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

アルキメデスの大戦【第217話】最新話の感想

櫂が言っている事が事実なのだとすれば、米国に大和についてのデータが櫂が写真とかを見せる前に伝わっていたという事になりますので、売っても問題ないと思いますが、海軍からしたら面子を守りたいと言った感じなのでしょうね。

それに自分達が精魂込めて造った大和が敵の手に渡って、脅威になるのを阻止したいと言うのもあると思います。

 

あくまで大和を敵になるかもしれない国に渡すのは嫌みたいなので、櫂がそこをどう納得させるように論じるかにかかっていると思います。

アルキメデスの大戦ネタバレ【第217話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はアルキメデスの大戦ネタバレ【第217話】最新話の感想も紹介してきました。

「アルキメデスの大戦」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + fifteen =