アルキメデスの大戦ネタバレ【第214話】最新話の感想も紹介!100年後の未来

アルキメデスの大戦【第214話】最新話を紹介!

2020年4月13日発売の「週刊ヤングマガジン 21号」アルキメデスの大戦【第214話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回はお話でしたね。今回の話で櫂が100年後の日本を語る、注目の最新話です。

アルキメデスの大戦【第214話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスの『U-NEXT』で今すぐ「週刊ヤングマガジン 21号を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

アルキメデスの大戦ネタバレ【第214話】最新話の感想も紹介! 100年後の未来

北半球を抑える理由

櫂は日本が北方諸島を抑える事で北半球を制圧したも同然だと言い放ちます。

しかし、その事に関して東條を始めとした者達がまだ納得していませんでした。

 

櫂はもし北方諸島を手に入れる事が出来れば、アリューシャン列島を保有できる好機であり、それは100年後の日本のために必要な事だと述べました。

余りにスケールの大きな話に東條達はついていけず、櫂は今回の合意は100年後の未来に日本が繁栄するためのものであると説明して、北極点から地球儀を見るように勧めます。

 

東條達は見てみ始めたので、櫂は北方諸島に造るのは軍港でも航空基地でもなく誘導ロケット基地だと言いました。

誘導ロケットとは海軍において開発中の高速で飛行する攻撃平気であり、これを氷で覆われた海中でも航行可能な潜水艦に搭載して、悪天候や夜間の状況でも目標地点に着弾させれば、欧州やアメリカが敵になった場合一方的に攻撃できると力説する櫂。

 

100年後には北極圏を制した国家こそ北半球を制する事が出来ると櫂は考えているようです。

もしそうなら北方諸島を取れば世界を制したも同じであり、アリューシャン列島を保有すれば日本の国防の根幹となるのは間違いないと、これこそ国家100年の大計であるから未来の子供達のためにもよく考えてほしいと櫂は訴えます。

植民地制度の崩壊

櫂の意見に対し、東條は南洋諸島を失うという事は太平洋制海権を放棄するようなものだと反発し、東條と利害が一致した嶋田も太平洋制海権をアメリカに渡せばアジアはアメリカの植民地になり、自分達の立場も危うくなると反発します。

その反発を涼しい顔で聞いていた櫂は10年後には植民地政策は崩壊すると断言します。

 

櫂曰く現在の世界の混乱の原因は欧米列強国の植民地経営の行き詰まりにあるのだとの事です。

植民地政策が始まったのは19世紀であり、それが急激に拡大していって植民地を基盤として経済活動が始まったのだが、多くの矛盾を抱えてもいたのです。

 

その理由は植民地を購買力のある市場に発展させられなかったのと、治安を維持するための軍団の経費が増大するからでありました。

この事から櫂は植民地を支配して資源を搾取する時代は終わったと言い、日本にとって植民地は重荷になるだけだから植民地政策を即座にやめて、国際社会に平等な貿易と相互発展を訴えるように言います。

 

これは満州国からも手を引かないといけないので、畑は自分達陸軍の苦労を何だと思っているのだと憤慨します。

櫂は大変な努力には敬意を評するが、満州の利権に固辞するから中国との対立を生み、日本を亡国へと導いていると言い放ち、世界に満州を返上して理念を表明すれば公明正大で公平な社会の実現に繋がると言います。

借金返済のため!

しかし、日本だけでは公平な社会の実現は不可能だと考えているので、櫂はアメリカを利用すると言いつつ、満鉄株売却のもう一つの目的を述べます。

それは日露戦争の戦費としてイギリスに貸りた借金を返す事でした。

 

櫂はこのように述べると、東條達は唖然としていました。

櫂は以前日本はロシアと戦争をする際に戦費を調達するために1億3000万ポンドの英国債を発行したが、戦後は返済どころから10%にも膨らんだ利払いに困窮する始末になっていました。

 

このままでは日本は経済的に破産してしまうから、一刻も早く借金を返して財政を立て直さないといけないと櫂は力説します。

アメリカに売却した満鉄株の代金4億2000万ドルで借金を完済し、日本円の国外流失を阻止して日本経済再生の計画を実行すると述べる櫂。

 

計画とは輸出産業を強化してアメリカとの貿易で景気回復を図り、経済大国へと駆け上がる必要があると櫂は言います。

そのためにも世界最大の貿易相手国との戦争は愚の骨頂であると言います。

 

最後に皆には100年後の日本のためにも正しい決断をしてほしいと櫂は述べたのでした。

東條達陸軍は貿易で儲けるのは卑しい商人の考えだと、経済よりも精神の豊かさを重んじるべきだと反発します。

 

しかし、近衛を始めとした役人達は国際的地位を向上させ、借金を返せるのだからこれはいい機会だと言います。

問題の海軍の方は嶋田は海軍内が紛糾するからと消極的でした。

 

しかし、山本が改めて北半球を見ると何かに気付くと、交渉に応じようと言ったのでした。

アルキメデスの大戦ネタバレ【第214話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「アルキメデスの大戦」最新刊の【214話】が掲載されている「週刊ヤングマガジン2020年21号」を無料で読むことができます。

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

アルキメデスの大戦【第214話】最新話の感想

こうしてみると櫂は色々な事を考えているようで驚きでしたね。

普通の人だったら時折本当に大丈夫かと自信なさげな感じもあると思いますが、櫂は自分の発言に間違いはないと自信をもって発言し、反論があっても言い返せるくらいの話術を持っているという事ですね。

 

そして今回の話の内容もほぼ的を得ているから、陸軍以外の者達が納得しているのだと思います。

次回は山本の思惑が分かるのではないかと思います。

 

表面上では山本は櫂と同意見であると他の者達は考えているようですが、山本はもう一度地球儀を見た際に何かに気付いたようです。

それは海軍にとって利がある事であり、日本にとっても利がある事だと読んだが故の考えではないでしょうか。

アルキメデスの大戦ネタバレ【第214話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はアルキメデスの大戦ネタバレ【第214話】最新話の感想も紹介してきました。

「アルキメデスの大戦」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 10 =