ブルーロックネタバレ【第102話】最新話の感想も紹介!氷織からのアドバイス

ブルーロック【第102話】最新話を紹介!

2020年9月30日発売の「週刊少年マガジン 44号」ブルーロック【第102話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回はボールを奪った潔がゴールへと向かうお話でしたね。今回の話でしくじった潔に氷織がアドバイスを送る、注目の最新話です。

ブルーロック【第102話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年44号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

ブルーロックネタバレ【第102話】最新話の感想も紹介!氷織からのアドバイス

ブルーロック

しくじる

凛と烏がボールを奪い合っていて、烏が一旦ボールを後方へと移動させた隙を突いて潔がボールを奪います。

まさかのプレーに2人は驚いており、七星はナイスと叫び、氷織はいけると言ったのです。

 

潔は自分の動きに七星と氷織が連動してくれると思いながら、カウンターアタックを繰り出します。

ドリブルで突き進む潔の元に自慢の足で戻ってきた乙夜が通行止めと言って立ち塞がり、潔も戻りが早いと思っていました。

 

しかし、七星が自分をフォローして動き回って、氷織が抜群のパスセンスで組み立てるから、敵の陣形が戻る前に自分達で中盤を切り崩せると思いながら攻め上がる潔。

辛うじてキープしている七星を見て、潔は余り上手くないけどと言いつつ、このタイミングでサイドへ展開すれば、氷織が自由になると思う潔。

 

実際、七星からのパスを受けた氷織はドリブルでゴール前へと攻め上がるが、目の前には千切が現れて前方不注意だと言います。

氷織は烏が気に入るほどの足だと呟き、潔は氷織は千切が距離を詰めてくる前にシュートかパスを出す相手を探すはずだと思っており、実際氷織の近くには士道がおり、彼は自分にパスを寄越すように言っていたのです。

 

そして潔は士道はさっきみたいにボールを貰いに氷織の近くへと走る筈だから、その裏がこの一瞬だけ生まれる無人空間だと思っていました。

そこが士道を凌駕する事が出来る自分だけのシュートポイントだと思って走る潔に合わせるかのように、氷織はセンタリングを上げたのです。

 

ボールは潔の元へと迫り、完璧なイメージ共有だと思いながらここしかないと足を出すが、あと一歩足りませんでした。

視えていたのに、理解しているのに、自分の身体能力じゃ届かないのかと内心悔しがる潔。

 

乙夜はクリアしようとするも、ルーズボールの元に烏と凛が迫っていたのです。

烏はこれやから非凡は面倒なんだと言い、凛はだったらすっこんでいろと言って烏に競り勝って強烈なシュートを撃ち、ゴールへと叩き込んだ事で同点となります。

 

烏はシュートの瞬間に自分の体を引っ張る事で軸をブラさんように撃つとは考えたなと言うと、続けて潔が活性化してから別チームになっていると言うのでした。

アドバイス

潔は自分、七星、氷織が上手く機能して何ができ、チームとして共存出来ているから凛と士道の役には立っているが、これは自分がやりたいサッカーじゃないと思っていたのです。

そこへ氷織がやって来て、あと一歩やったね、あのタイミングではあそこにしか出すしかなかったと申し訳なさそうに言います。

 

潔はあのパスは完璧だったと言いつつ、自分の読みもイメージもドンピシャだったけど、自分の身体能力じゃ追いつかなかったと言うと、氷織は頭で考えて動いたら遅いと言います。

続けて視て、考えて、動くと言うやり方はこれまでの戦いだったら通じたかもしれないけど、凛と士道の間でゴールを狙うのだったら、潔は彼ら程の身体能力がないからあと一歩足りないと言う氷織。

 

話を聞いていた潔はそれじゃもうどうしようもないじゃないかと不満げに言うと、氷織はその思考を反射でやってみたら、そうすれば感じる世界が変わると告げます。

奪取

そして試合が再開され、ボールを持った烏の元へ凛が向かっていくが、凛の相手はもうしないと言わんばかりに烏は乙夜とのワンツーパスを開始します。

乙夜からボールが渡った烏だったが、潔が間に入って乙夜とのパスルートを封じようとします。

 

烏はそれで挟みに来たつもりというと、潔の抜けたそのスペースが自分の狙いだと言って、潔が動いたせいで空いたスペースへとパスを出したのです。

そこには千切がおり、烏はぶち抜けと言ったのです。

 

潔は完全に抜け出されたと思っていたが、士道が千両役者参上と言ってパスカットし、それを見た潔は自分が決めると意気込んでいました。

ブルーロック【第102話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「ブルーロック」最新刊の【102話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年44号」を無料で読むことができます。

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

ブルーロック【第102話】最新話の感想

潔のプレーに関しては正直、惜しかったなと思いましたが、氷織の言い方から従来の潔のプレースタイルでなければゴール出来ていたと言う事なのでしょう。

どちらかが1点を取ってしまえば、そこでゲームセットなので潔がどう動くのか気になりますね。

 

次回は、潔が氷織のアドバイス通りに動くのではないかと思います。

これまで潔は色々考えてから動いており、氷織は潔のプレーを見て、この試合でもそうだし、これから先の試合でも、世界を相手にした試合でも今のやり方は通用しないと感じて、このようにアドバイスしたのでしょう。

 

氷織が言う反射とは、潔が従来やって来たプレーとは真逆の事をすればいいという事であり、分かりやすく言えば、考えるよりも先に本能で動けばいいと言う事なのではないでしょうか。

体がこのプレーをすればゴールへの道筋が見えると感じたら、体の考えに身を任せば、違う世界が見えると氷織は言いたいのでしょうね。

 

潔はこれまでのやり方では生き残れるかどうか分からないため、一か八かで氷織のアドバイス通りにプレーをするのではないかと思います。

ブルーロックネタバレ【第102話】最新話の感想も紹介!まとめ

ブルーロック

今回はブルーロック【102話】最新話の感想も紹介してきました。

「ブルーロック」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + eighteen =