ブルーロックネタバレ【第103話】最新話の感想も紹介!本能に任せるプレー

ブルーロック【第103話】最新話を紹介!

2020年10月7日発売の「週刊少年マガジン 45号」ブルーロック【第103話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は士道がボールを奪ったお話でしたね。今回の話で潔が思考を捨てて、本能に任せるプレーをする、注目の最新話です。

ブルーロック【第103話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年45号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

ブルーロックネタバレ【第103話】最新話の感想も紹介!本能に任せるプレー

ブルーロック

攻め上がる

烏が千切に対するパスを出したが、このパスを呼んでいたかのように士道がパスカットをします。

それによってボールはコロコロと転がったので、千切はセカンドボールと叫んだが先にボールを奪ったのは七星でした。

 

ボールをキープしながらそこだなと呟くとすぐさま潔にパスし、潔はパスを受けると共にこれが自分に残された最後のプレーだと思っていたのです。

ドリブルで攻め上がるも凛と士道を超えるビジョンが視えたとしても、今の自分の身体能力では辿り着けないと思いつつ、氷織が言っていた思考を反射でやってみろと言う言葉を思い出します。

 

潔は氷織とパスし合いながら、反射で思考ってどう言う事なんだ、自分の読みは視て、考えて、動くからこそ成り立つ武器なのだがそれを反射でやれるのか、人間にそんな行動が出来るのかと思っていたのです。

そう考えながら突き進んでいくと烏が息の根を止めると言って立ち塞がり、潔は嫌なところにいるなと思っていました。

 

そうしたら乙夜と共に攻め上がってきた凛が自分に寄越せと言い、七星も攻め上がっていました。

幾ら烏や乙夜でも、自分と凛と七星のトライアングルなら抜けると思った潔は凛にパスし、凛はワンタッチで七星にパスします。

 

七星は凛に再度パスし、凛はテンポを上げろと言って潔にパスしたのです。

パスを受けた潔は密集した高速パスで押し上げていくその裏を切り崩せと思いながら、左サイドを走る氷織にパスし、氷織はキープして攻め上がるが千切が俊足を生かして追いついてきます。

 

来いよと挑発する千切に、氷織は本当に邪魔だなと呟きます。

潔は氷織がパスを上げるそのタイミングに凛と士道は合わせて駆け上がっていると心の中で言い、このゴール前の超混戦を制した人間がゴールを手にすると思っていたのです。

本能のプレー

しかし、潔は仮に凛と士道がいない空間に飛び込めたとしても自分の身体能力では絶対さっきみたいに一歩届かないと思っていました。

そして自分が狙うべきなのは何処なのか、士道の裏が空いたからそこへ行くべきなのか、それとも凛の死角を突くべきなのかを考える潔。

 

しかし、視て考えていたら遅いんだと自分に喝を入れながら自身の能力をアップデートするためにピースを埋めていく潔。

潔は心の中でこんな思考回路では駄目だ、頭で考えるんじゃなくて感覚で動け、自分の全能力、全神経、全感覚を信じるんだと呟きます。

 

そしてこの一瞬に反射しろと心の中で言う潔。

氷織は潔が思考を捨てたと感じ取ったのか、千切が迫ってくる前にゴール前へとセンタリングを上げ、士道は待っていましたと言わんばかりに相手DFを抜き去り、凛も好機と捉えて乙夜を押しのけて動き出します。

 

2人が走り出す先にボールが向かってきており、このボールは自分のだと言わんばかりの表情をしながら走っていきます。

しかし、2人の間を猛ダッシュで駆け抜けた潔が、そのボールはお前らのではなくこの俺のだと言わんばかりの表情をしていました。

 

士道は驚きの表情をしており、凛もどうやってここまで来たんだと驚きを露わにしながら呟きます。

そして潔はそんな2人を尻目に強烈なダイレクトシュートを繰り出し、ボールはゴールへと吸い込まれたのです。

 

これによって潔達が勝利を収めましたが、決勝点を決めた当の本人は何がどうなったのか分からないけど、自分はあの時は2人を明らかに超えていたと心の中でつぶやいたのです。

奇跡

その頃、今の映像を見ていた絵心は潔は挑戦的集中への没頭状態に陥っていて、FIOW(フロー)状態だったとアンリに語っていました。

同時に絵心は潔は今、奇跡を起こす方程式に足を踏み入れたとも言ったのです。

ブルーロック【第103話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「ブルーロック」最新刊の【103話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年45号」を無料で読むことができます。

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

ブルーロック【第103話】最新話の感想

これが考える事を捨て、本能に身を任せたシュートなんだなと思いましたね。

これまでの潔だったら、絶対に不可能なシュートであり、きっと考えるのを捨てなかったら凛と士道がほぼ同時て動いていたからさっきみたく激突して、大モメしている間に烏達が追加点を決めて、逆に勝利を決めていたかもしれませんね。

 

潔は今回のシュートを決めさせてくれたアドバイスを送り、見事なセンタリングを上げた氷織にかなり感謝していると思いますし、氷織も潔が思考捨てて自分のアドバイス通りにしたと思ったからセンタリングを上げたのだと思いますね。

凛と士道は氷織のセンタリングを自分達のだと思って動いていましたが、まさか潔が出し抜いてシュートを撃つとは思っていなかったので、面食らってましたね。

 

絵心も奇跡を起こす砲停止に足を踏み入れた評価している様子でしたね。

これで試合は終わりましたが、最後の最後で印象を残すプレーをみせた潔は無事に生き残れるのか楽しみですね。

 

次回は、最後の最後で潔に出し抜かれた凛と士道が潔にさっきのプレーは何だと詰め寄られるのではないでしょうか。

最後のプレーに関しては潔自身もよく分からないみたいですので、2人を納得させるような説明をするのに苦労するのではないかなと思いますね。

ブルーロックネタバレ【第103話】最新話の感想も紹介!まとめ

ブルーロック

今回はブルーロック【103話】最新話の感想も紹介してきました。

「ブルーロック」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × five =