ブルーロックネタバレ【第104話】最新話の感想も紹介!潔の新しい力

ブルーロック【第104話】最新話を紹介!

2020年10月14日発売の「週刊少年マガジン 46号」ブルーロック【第104話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は試合が終了したお話でしたね。今回の話で潔の新しい能力が明らかになる、注目の最新話です。

ブルーロック【第104話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年46号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

ブルーロックネタバレ【第104話】最新話の感想も紹介!潔の新しい力

ブルーロック

一悶着

終盤、潔は本能に身を任せたプレーで凛と士道の間を駆け抜けて、シュートを繰り出してゴールを決める事で試合に勝利する事が出来ました。

そして七星が潔の元へとやって来て、マジでかっこいいし、見事なスーパーゴールだと言って抱き着いてきたのです。

 

そして潔にのしかかりながらあんだけ届かなかった凛と士道の間をぶち抜いて、ダイレクトシュートを決めるなんて一体どうやったんだ、マジで神だと賞賛してきました。

対する潔は自分でも分からないから何となく氷織に言われたとおり、思考を反射でやってみたら気づかない間に体があそこに走っていたと答えます。

 

その答えを聞いた七星は余り理解していませんでしたが、じょわじょわすると言いました。

潔は分かったからどいてくれと言い、七星はその通りにします。

 

今度は士道がやって来て、先程のプレーの際、潔の細胞がスパークするのを感じたと言いつつ、潔の爆発が好きになりそうだと彼なりの賞賛をしました。

対する凛は不機嫌そうに自分でどのようにシュートを決めたのかが分かっていないのに、まぐれで自分からボールを奪いやってて本当にイラつくと言ったのです。

 

実際、その通りなのか、潔は何も言い返せませんでした。

そんな凛に士道が近づいて、少しは認めろよ、他人の輝きを素直に褒められない奴は一流じゃないし、最後のプレーでのナンバーワンは自分達じゃなくて潔だと言います。

 

これ以上ああだこうだ言うなら分かっているなと言わんばかりに手を鳴らし始める士道に、凛は売り言葉に買い言葉と言わんばかりに手を鳴らしつつ、試合が終わったんだからもうカードは出ないよなと言い、両者共殴り合いに発展します。

味方にゴールを奪われてへらへらしている士道には世界一にはなれないと言う凛と、他人の美しさが見えていない凛が世界一になれるわけないと言う士道の喧嘩は激しさを増し、潔達は何とか止めようとします。

 

乙夜はこういうファイトクラブ的な感じが嫌いではないので喧嘩を煽っており、烏はこんなのに負けたのかと呆れていたのです。

そしてスピーカーから選考中にこれ以上の暴力を起こしたら失格とするし、次の試合に備えるようにという言葉が発せられたのです。

新たな力

出番が終わった潔達はモニタールームで先程の試合の映像を確認していたが、潔はまだ説明できない状態であり、今回の試合のような複雑な動きは初めて出来た気がすると言います。

氷織は立ち上がると自分は士道か凛のどちらかにシュートを決めてもらおうと思ってパスを出したけど、潔が決めるとは思っていなかったし、このように見返して分析するのは潔にとって大事だと言ったのです。

 

潔はあのアドバイスが無かったらゴールできなかったと言うと、氷織はいきなりゲームはするかと聞き始めます。

潔はサッカーゲームくらいならと言ったので、氷織はテトリスみたいに最初はゆっくりだけど途中からどんどんスピードが上がって来るから士道と凛と共存するにはそれぐらい難しいと言ったのです。

 

何とか追いつくには今の状況を把握して、何が出来るのかを思考して、行動する事が大切であり、凄腕のゲーマーは脳内でそれを処理していて反射で自分が出来る最善のボタンを入力していると言います。

これはサッカーでも同じことが言えるから当てはめて考えてみろと氷織は言うと、潔は能力の全てを同時に超高速で処理できたから誰よりも速くあの到達点へ辿り着けたと言います。

 

そして七星は新技じゃなく本体のグレードアップと言い、両方とも肯定した氷織はスマホの通信速度が4Gから5Gに上がったみたいなものと言います。

潔はあの感覚の正体は自分で自分を忘れられるくらいの夢中だと言ったのです。

 

そして3人はお疲れと言ったが、潔はあの夢中する感覚の再現性を高めれば、まだ高みへと行けると思っていました。

試合

その頃、凛、士道を始め、蟻生やイガグリがいるAチームと凪や御影、我牙丸がいるCチームの試合が始まろうとしていました。

御影はやっと凪の隣で戦えると思いながら、自分の事をちゃんと見ろよと言うと、凪は行こうかと言いました。

ブルーロック【第104話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「ブルーロック」最新刊の【104話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年46号」を無料で読むことができます。

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

ブルーロック【第104話】最新話の感想

凛はプライドが高いせいか、中々認めていませんでした。

今回の凛の台詞から察するに、彼は理詰めでプレーをしていくので、士道のように理詰めじゃなくて感覚で動いたり、今回の潔のようにちゃんと説明できないようなプレーはあまり好んでいないようですね。

 

それにしても、凛以上に不満げな態度を取ると思われた士道が潔を認めたのには驚きでしたね。

士道が潔に対して賞賛する様子から察するに、最後の潔のプレーに関しては非の打ちどころがないと感じたのか、それともサッカーはお遊びではなく生きている行為であり生命の爆発であると思っている士道にとって、潔のプレーは自分が好んでいる行為に感じ取ったのかもしれませんね。

 

そして新たな能力である夢中に関しては、これこそ反復練習をしないと身につかないと思いますので、他の試合をやっている間はこの能力を完全にものにするまで、七星と氷織と共に練習するのではないでしょうか。

ブルーロックネタバレ【第104話】最新話の感想も紹介!まとめ

ブルーロック

今回はブルーロック【104話】最新話の感想も紹介してきました。

「ブルーロック」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + twenty =