トーキョーバベルネタバレ【第5話】最新話の感想も紹介!新たな発見

トーキョーバベル【第5話】最新話を紹介!

2020年6月3日発売の「週刊少年マガジン 27号」トーキョーバベル【第5話】最新話のネタバレ本編になります。

 

前回は天使が西原に襲うお話でしたね。今回の話で実体化の事で新たな発見があった、注目の最新話です。

トーキョーバベル【第5話】最新話のネタバレを紹介します!

 

本記事のネタバレではなく、「実際に雑誌を読みたい!」という方は公式電子書籍配信サービスのU-NEXTで今すぐ「週刊少年マガジン2020年27号」を無料で見れますので、そちらをおすすめします。

>>初回31日間無料でキャンペーン中で完全無料!<<

トーキョーバベルネタバレ【第5話】最新話の感想も紹介!新たな発見

脱出

西原は目の前にいる天使は命を落とした自衛隊員である事に気づきます。

天使を始末するのは人を始末するのと同じだと考えた西原は戦えないと思っている中で、天使は襲い掛かりましたがリュウが間一髪で助けました。

 

少し噛みつかれましたが、何とか大丈夫みたいです。

しかし、間髪入れずに天使が襲い掛かって来たので西原はやりしかないと苦渋の決断をして自分の服を脱ぎ捨てて天使に投げます。

 

服には炎と言う文字が書かれていて、実体化した炎は天使を焼き尽くしました。

服に字を書いて炎を生んだのかと心の中で呟くリュウ。

 

見事に倒したので黒野は西原の事を凄いと言い、ひばりは早く登るように言いました。

発見

何とか全員無事に登れ、天使達も追って来ないので一先ず安堵する皆。

西原は自分を庇って負傷したリュウに腕はと聞くも、リュウは皮膚を少しかじられただけだから大丈夫だと言うのでした。

 

西原は軽傷だったことに安堵しつつも、一瞬躊躇ってしまった事をリュウに謝るのでした。

黒野は実体化させた水を飲みながら、天使に勝ったのは凄いけど天使が元々人間だったのにはびっくりだよなと言いました。

 

その言葉を聞いた蘭は西原の顔を見て、ギョッとします。

罪悪感を抱いている表情をしている西原を見た黒野は失言してしまったことに気づき、天使をいつも倒してくれるから感謝していると励ましているのか傷口に塩を塗っているのか分からないフォローをし、蘭も西原がいなかった自分達は天使にやられていたとフォローします。

 

そんな中、何かを考えていたひばりが突然謎が深まったと呟いたのです。

ひばりはこれまでの経験から実体化能力はバベルの壁や床から物を生み出すものだと、バベルの壁や床は魔法の材質で出来ているものだと思っていました。

 

しかし、先程の西原は自分が来ていた何の変哲もないジャケットから炎を生み出した事から特別なのはバベルの壁や床じゃないと言って、何の変哲のないハンカチに何かを書きます。

ハンカチには椅子と書かれていて、ひばりは椅子と書いたハンカチを地面に置くとハンカチは椅子へと姿を変えました。

 

この事からひばりは実体化能力を使えばどんな場所からも物を生み出せるから自分達自身が魔法使いにでもなったみたいだと結論を述べ、西原には先程は咄嗟でやっただけだがおかげで新たな情報が入ったと、この能力についてもっと知らないといけないと言うのでした。

しかし、西原は先程の事もあって何も返事をしませんでした。

 

黒野は今の西原の心境が理解できているのか、その話は後にしないかと進言するとひばりは天使を始末して何を落ち込む必要があるのかと言います。

黒野は少しは空気を読んでよと言います。

 

しかし、ひばりは西原が悪くないのは当然だと言い放ちます。

西原がしたのは刑法36条の正当防衛に当たるから、この状況下で人の言葉に耳を貸さない天使を始末したところで何の罪にもならないとひばりは言うと、西原にそんな事で悩んでいるんじゃないんだろうなと問い詰めます。

 

そしたら西原は静かに立ち上がると、大丈夫だと言うが明らかに無理をしている顔をしているのでひばりは違和感を抱きます。

黒野は西原のフォローをしようとするも、西原は一人黙って階段を上っていきます。

 

そして心の中で天使は人から作られ、今まで倒してきた天使は皆元々人間だったとすれば、もしかしたら優愛もこの手で始末したかもしれないと考える西原。

天使が元人間だったとしたらその可能性もあり得ると、もし自分達が倒した天使の中に優愛がいたとすれば優愛を生き返らせる可能性を自分の手で詰んだのかもしれないと手を震わせながら心の中で呟きます。

 

しかし、これからも襲い掛かって来る天使を始末していかないと優愛を助けることも出来ないし、真白に会うことが出来ないと西原は考えるも、これからも天使になってしまった人を始末していかないといけないので怖いと涙ながらに呟いたのです。

その頃、西原達よりも更に上の階では誰かが歌を歌っていました。

その歌は英語バージョンで歌われていました。

 

歌を歌っている人物は自衛隊員であり、テントらしき場所で破片手榴弾と天井に書いていたのです。

そして実体化した破片手榴弾を手に取った男性は美人だねと呟いて、破片手榴弾をすりすりします。

 

この人物こそ、危険人物とされている陸上自衛隊3等陸曹の鳳信楽でした。

トーキョーバベル【第5話】最新話を今すぐ読む!

実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。

やっぱり漫画は実際に書籍で読むのが一番だと思います♪

 

現在、U-NEXTなら「トーキョーバベルネタバレ」最新刊の【5話】が掲載されている「週刊少年マガジン 2020年27号」を無料で読むことができます。

 

 

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、登録時に『600ポイント』が貰えます。

 

600ポイントがあれば最新雑誌も見ることができます♪

また、解約の際の違約金も一切かかりませんので、安心して使うことができますよ!

トーキョーバベル【第5話】最新話の感想

ここにいる6人は赤の他人ではありますが、西原にとっては優愛と真白と言う親しい人がバベルの塔にいます。

優愛は命を落とし、真白も生死不明なのでもし真白も命を落としていれば、天使になっている可能性もあります。

 

それ故に近しい人を始末しているかもしれないと西原は思っており、ひばりのように割り切れないのでしょうね。

それでも先に行くには天使を倒さないといけないので、これからも葛藤していくのではないかと思います。

 

次回は誰かが命を落とすのではないでしょうか。

次回の話のタイトルがないぞうとなっているので、西原達が鳳と遭遇して彼が手榴弾を投げつけることで誰かがやられてしまうのではないかと思います。

トーキョーバベルネタバレ【第5話】最新話の感想も紹介!まとめ

今回はトーキョーバベル【第5話】最新話の感想も紹介してきました。

「トーキョーバベル」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。

最後にU-NEXTのおすすめポイント紹介していきますね♪

U-NEXTがオススメの理由!

1.圧倒的な動画配信数!

U-NEXTでは、国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」『120,000本』以上の動画が配信されています!

似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。

その中でも、ポイントを使わずに好きなだけ見ることの出来る”見放題作品”も多く、大変お得なサービスとなっています♪

2.場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応!

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。

会社の通勤などの電車の中や、学校の休憩時間等々、スマホを利用すればいつでも、どこでも、U-NEXTで漫画を読むことができます!

 

電車だと漫画を読んでいると人目が気になりますが、スマホなら人目を気にせず読めますよね♪

また、ネット上に漫画が保存されているので、購入した漫画はいつでもどこでも読めます。

かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります!

3.雑誌が見放題!

U-NEXTでは、動画や漫画の他に、70種類以上雑誌が全てが見放題となっています!

ファッション雑誌やニュース系雑誌、スポーツ雑誌や週刊雑誌等々、多くのジャンルの雑誌が揃っています!

これだけでも大変お得ですね♪

4.ポイントがどんどん貰える!

月額1,990円のサービスとなっているU-NEXTですが、毎月1,200ポイントを無料で貰えることが可能!

ポイント分を差し引いて実質毎月790円の月額サービスとなります!

毎月貰える1200ポイントを使えば最新漫画を複数読むことができます!

しかも、書店で買うよりも安く買えるようになっているので、より多くの漫画を楽しむことができます♪

5.最大4つのアカウントで同時視聴可能!

親アカウントあら派生して最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります!

それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

これなら「家族が使ってて漫画が読めない!」なんてこともありません♪

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 9 =